使命探しはやめましょう♪

自由自在に未来をクリエイト

こんにちは、さやかです。


やりたいことがたまりすぎていて、
なかなか進まないはがゆさ…。


焦らず、一歩一歩ですね。


ここ最近、
使命について改めて
定義し直す機会があったので、

今回は使命について、
お届けしたいと思います。

使命は探すものではない

私は高校生で母を亡くしてから、
ずっと自分の存在価値を探して、
使命を探して生きてきました。


私は何をするために
生まれてきたんだろうって。


でも、
使命を探すほどに、
自分を見失ってしまったり、
承認欲求や比較も強くなっていった。


試行錯誤の末、
使命は探すものじゃないと分かった時
すごくしっくりきました。


使命は生まれた時から、
すでに自分の中心にあって、
私がそれに気づけてなかっただけ、
その声を聞けていなかっただけなんだって。


そうして、
その声に耳を傾けられる様になると、
自然の流れのままに、
心地よく生きられるようにもなりました。



ここまでに私が考えてきた、
私なりの「使命の定義」
をまとめるとこうなります。


使命とは、
生まれながらにして
決まっている自分の役割


今世での
自己の気づきのためになすべきこと。


宇宙が自分に求めていること。


それを知るには、
探すのではなく、気づくこと。


目の前に起こることに1つ1つ気づいて、
手放していくことで、

余計な心の雑音(認知の歪み・エゴ等)が消え、
直感力が上がって(潜在意識と繋がれて)、
心の奥で発している声に気づくことができる



その声のままに生きることが、
結果的に使命のままに生きること。


ただ、
その声はとても微弱なので、
集中して聞く必要があることに加え、
全てを聞き取るのが難しいこともある。


なので、
外部との関りの中で気づいていく必要もある。


目の前の人にエネルギーを注ぐことで、
そのエネルギーが周りへ広がり、
そこから求められていることをしていく中で、
結果的にこれが使命だったと分かる。


つまり、
自分にとって心地いいもの、と、
それを出してみての周りの反応との掛け合わせで、
見えてくるのが使命。


こんな感じです。


ここで言う役割とは、
分かりやすい仕事に限ったものではなく、
”存在としての役割”というイメージです。

私の使命の方向性

根本的な問いであった、
人生とは何なのか、
何をするために生まれてきたのか。


この部分は、
”自己への気づきを深めるため”、
と理解しました。


ただ、
生まれ持った使命を全うして、
その自己の気づきを深めるためには、
環境や経験が必要です。


私の場合は、
仕事をする=何かを伝える
という場を通して、
使命が全うできる様に感じています。


何を通して使命を全うするのかは、
人それぞれなので、
仕事とは限らない
のですが、

私の場合、
伝えることをする人として
生まれてきたのではないかと、
色んな方からの話や実感から感じています。


(全然違うかもしれませんが…)


今、自分の中心からの声を元に、
音楽、ヨガ、心理学の3軸で学びを深め、
心がワクワクする方向性が見えてきました。


とりあえず、
その方向性で進んでみて、
心がどう感じるか?


ものごとがスムーズに進むかどうか。


サインを見落とさない様にしつつ、
少し様子をみたいと思います。

おわりに

使命なんて、
難しく考える必要もないのですが、
私がずっと考え続けてきたものだったので、
少し整理し直してみました。


大事なのは、
心がワクワクしていること、
エネルギーが上がっていくこと



心が違和感を感じたり、
エネルギーが下がる場合は、
進む方向がそっちではない、
というサインです。


自分の心の声に耳を傾けながら、
周りに求められることに応えながら、
些細なサインに気づきながら、

抵抗したり力まずに、
結果を手放して流れのままに生きていく



そうすることで、
人生がより豊かになって、
心地よくなって、
”生きている”心地が深まると思います。


今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

心穏やかに過ごし、
心豊かな日々に囲まれますように。



タイトルとURLをコピーしました