エネルギー浪費は早めに対応すべし!

-家庭・家事・お金

こんにちは、さやかです。



今日は朝から、
家のあちこちの修理を
お願いしていました。


今回はその中で感じた、
エネルギー浪費ポイントは
早めに対応!
についてお届けします。



半年越しの実現

アメリカの家の造りは、
日本の家と比べて結構もろい。


なので、
びっくりするほどよく壊れます。


旦那ができる範囲は
個人的に修理しますが、
自分達だけでできることにも
なかなか限りがあります。


一方で、
修理会社は山ほどあるのですが、
会社を選ぶのがこれまた難しい。


金額だけ高くて、
半年後には壊れる様な
修理しかしてくれなかったり…。


日本のサービスでは
考えらえないようなことが
当たり前に起きます。



そんな経験もあって最近は、
修理を依頼するという
動きが鈍くなっていました。


昨年の夏ころから、
庭と玄関横にある外の蛇口から、
水が溢れていたり。


昨年の12月頃から、
お風呂場の栓がしまらなくなり、
お湯がはれなくなっていたり。


年明けから、
トイレの流すところが
故障していたり。


すぐに修理しなくても、
生活には支障がないので、
伸ばし伸ばしになって…


でも、
そんな故障したままの家に
住んでいることの波動の悪さ

にも気づいていました。



信頼できる知り合いつてで
おススメの会社を教えてもらい、
…何だかんだ2ヶ月。


ようやく、
連絡を取って来てもらいました。



修理後に感じること

時間通りに、
ナイスガイが2人来てくれて、
テキパキと修理。

2時間くらいで、
良心的な価格でやってくれました。



なんだ…
もっと早く頼めばよかった~




外の水が出っ放しになことも、
やっぱり心のどこかで
ずっと気になっていたし、

この冬お風呂に入れなかったのも、
トイレが不自由だったことも、

やっぱりどこかで、
エネルギーを浪費してたと思います。


水がムダになっているという、
実質的なエネルギー浪費と、
ずっと気になっていたり、

波動が整わなかったりした、
精神的なエネルギー浪費と。


会社選びを失敗する恐れから、
行動が遅くなってしまって
もったいなかったなぁ、
と感じています。



ただ一点、実は、
ちょうど前日にガレージのドアが故障し、
ついでに修理をしてもらえました。


ガレージのドアの修理を
まとめてやってもらいたくて、
このタイミングを待っていたのか?
と思うようなできごと。


まとめてやってもらえたことは
良かったのですが、

2度来てもらうことになって、
多少出費がかさんだとしても、
早めに対応!していた方が
ムダなエネルギー浪費がなかったな

と思います。



おわりに

得をしたい!という意識が
まだまだ強いんだな

と思うできごとでした。


気になっている人がいるなら、
すぐに連絡を取ってみる。


気になっていることがあるなら、
すぐに行動してみる。


直観を見て見ないフリをせずに、
ちゃんとその声を受け取っていく。


気になりながらズルズルと…
が一番もったいない。


失敗や損をすることを恐れずに、
とりあえずやってみる、
を意識的にやっていきたいと、
今回の件を通して強く思いました。



今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

何ごとにもとらわれることなく、
いつもただ静かに見つめる意識を持ち、
日々が豊かな気づきに囲まれますように。


タイトルとURLをコピーしました