リッツ・カールトンのママ達

レポ・オシャレ

青山さやかです。



今回の10日間のハワイステイ



基本的には、
父の会社の保養所である
コンドミニアムにステイしていましたが、
なか3泊はホテルへ。



そのうち1泊は縁あって
リッツ・カールトン・レジデンスへ。



リッツ・カールトン、
入口からの迎える空気感が違う。



コンラット東京
似た空気感を感じました。



午後から1泊なので、
束の間のステイでしたが、
とても心地のよい時間を過ごしました。



ハワイという観光地だからか、
同じくらいの年齢の子連れ家族が多く、
上層階のアウトドアプールでは、
子どもを介して色々な家族と接しました。





その中で感じたのは、
特にママ達のしなやかさ。



しぐさも笑顔もオーラも、
子ども達に接している姿も
かけている言葉も、
何かが違う….



家族に対しても
周りに対しても心を開いていて、
自然体でしなやかで。



とても美しいなと感じました。



中でも印象的だった言葉は、

「Yes you can play but
always give some space to your friends
(もちろん遊んできていいけど、いつだって
お友達にスペースを作ってあげることを忘れずにね)


という言葉。



心のゆとりも身体的ゆとりも
尊重しながら相手と接しなさい、
なんてキレイな表現なんだろうと
感じました。



順番こするんだよ!
横はいりしちゃダメだよ!
ぶつからないようにね!
気をつけてね!

といったような
自分が日常かけている言葉が
なんとも粗雑に感じました。




そんなママに育てられた子ども達は
落ち着いていて品がありつつ、
子どもらしさや自由さも持ち合わせいる、
そんな印象を受けました。



そこにいる人たちは、
お金に余裕がある方々。



発しているエネルギーが美しいから、
循環してまた自分に返ってくる、
そういうことなんだろうなと思います。



そこに流れる空気は
何ともいえないもので、
自分の発するエネルギーを
振り返るきっかけにもなりました。



自分の本来の波動である
美しいエネルギーで生きたい、
これは誰しも心の底では願っていること。



でも、
感情や思考に飲み込まれて、
自分の本質と切り離されてしまうと
波動の低いエネルギーに
引き込まれてしまうのです。




ヨガ哲学の講義で、
こうした美しいエネルギーと
波動の低いエネルギーの違いについて
対話する機会がありました。



美しいエネルギーで生きている人は、
余裕があってガツガツしていません。



つまりは、
与えるエネルギーで生きられている
ということ。



波動の低いエネルギーを発しているとは、
奪うエネルギーで生きている状態です。



この世界は自分が出した
エネルギーが返ってくる世界なので、

与えるエネルギーで生きれば、
安心感や愛の中に生きることができるし、
奪うエネルギーで生きると、
恐れや不安の中に生きることになる




負のループにはまってしまうと
奪おうとする→恐れる→奪おうとする→恐れる
が倍増していってしまいます。



どちらのループに入ることができるか。



与えるエネルギーを発するためには、
感謝する心が必要不可欠
とのこと。



心から感謝して生きるには、
完全性の理解が必要不可欠です。



そして、
完全性の理解を深めるには、
「私」という意識を深く見つめること、
やはり全てはここにつきます。



自分の発する言葉に意識を向け、
本質的で美しい言葉がけを意識しながら、
目指せリッツ・カールトンのママ達!



どこに身を置くかも大事だな、
と感じたホテルステイになりました。




今日も最後までよんでいただき、
ありがとうございました。

素敵な1日となりますように♡

タイトルとURLをコピーしました