死んだらどうなるんだろう?ロマンチストな乙女座ボーイとの対話

心のしくみ

青山さやかです。



我が家の長男、2番目ボーイ。


ちょっと前のある晩のこと、
寝る前に布団の中で突然、
しくしくと大泣きを始めました。



何かと思って聞いてみると、

「ぼく、
大きくなっても1人暮らししたくない!
お母さんと家族といつまでも一緒がいい!」

と超真剣です。



将来家を出て、
1人暮らしすることを考えて、
不安になって号泣な5歳児 笑



色々と話をして、

「あ!そうか!
大きくなったらぼく誰かと結婚したら、
子供が生まれる?!
そしたら1人暮らししなくていい?!」

と閃いた様で、
その日は安心して眠りにつきました。



でもその後も、

「僕大きくなったら誰と結婚するの?」

「僕やっぱり結婚したくないなー、
このお家にずっといたいなぁ」

などと、
色々と揺れ動く心と戦っています。



まぁそんな感じで、
ロマンチストな乙女座ボーイ、
なのですが。




最近の彼の最大の興味は、
「死」についてです。



死ぬことについて興味津々で、
死んだらどうなるんだろう?
誰が先に死ぬの?死んだら会えないの?

誰が先に死ぬか、死ぬことがこわい、
死んで会えなくなることが悲しい、
寂しいから自分が先に死にたい!

などなど、
気になって仕方がない様子。



5歳児なりに、
生きるということや、
家族との繋がりに執着があって、
死への恐怖を感じている
様です。



また、
魂や輪廻の話もよく出てきて、
生まれる前のことや
次生まれてくる時はどうなるか
(どこに誰として生まれるのか、また会えるのか)、
などもよく聞いてきます。



私自身も、
死を受け入れられているわけではないので、
死への恐怖や不安など共感しながら、
色々と話をするようにしています。



彼の場合は、
生まれる前は土星にいた設定になっているので、

「死ぬことは誰もまだ経験していないから、
分からなくて恐いんだけど、
元いた土星に光になって戻るってことだから、
安心することなんだと思うよ」


「魂になったら、
今の様に触れることはできないけど、
全てを強く感じることができるから、
大丈夫だよ」


「土星に行く前にも1回生まれてたでしょ。
その時に勉強が終わらなかったから、
また生まれてきて勉強していくんだよ。」


「次また生まれた時には、
もしかしたら今度はあなたが、
お母さんのお父さんになるかもね、
でもまた一緒に勉強できるからね」


「死ぬことっていうのは、
今の生まれてきたから死ぬまでの間に、
勉強しなくちゃなことが全部終わった時に、
死ぬんだよ。

その何をどれくらい勉強しなくちゃかは、
魂だけが知ってるんだ。

だから、
いつ死ぬかは魂が決めることなんだよ」

とかとか。



こうして話していると明らかですが、
私の中にはまだ輪廻していたい、
という気持ちがあります。



息子と同様に、
生まれ変わりたい、
またこうして他の魂との関われる、
触れ合える、笑って話ができる環境に来たい、
と思っている。



それは、
何にも寄りかからない点であることが、
「真に満たされる本質的な幸せな状態」

ということがまだまだ分かっていないから、
なのかなと思います。



苦しみになることが分かっていても、
執着していることが安心で、
寄りかかっていることを喜びに感じる。



でも、
それで良いんだと思います。



それを一生かけてゆるめていく、
一生かけて死を受け入れていく、
それが人生なんだと思います。



息子との対話を通して、
死を恐れる自分や、
生きることに執着する自分もいていいんだと、
一生かけてゆるめていけばいいんだと、
受け入れられました。



子どもとの会話って、
本当に本質を突いていて面白いし、
大切なことが詰まっている。



適当に受け流さずに、
しっかりと向き合うことで、
一緒に生きるを深めていきたい、
そう思います。



今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

どんな瞬間もマインドフルに、
気づける人で在りたいですね。

タイトルとURLをコピーしました