映画『世界一嫌いなあなたに』を見て

映画・本のこと

青山さやかです。



世界一キライなあなたへ、
という映画を見ました。



前回の記事にも書きましたが、
「幸せの本質とは?」
がテーマな最近。



世界一キライなあなたへ、
という映画もまた幸せについて、
掘り下げが深まる映画でした。


今回は映画を通して考えた、
自己執着と真の幸せについて、
お届けしたいと思います。



自己執着という苦しみ

映画のストーリーは、
実家も裕福で何でもできて優秀で、
仕事でも恋愛でも成功を手にしていた主人公が、
バイクにはねられて下半身不随になり、
人生に絶望するというところから始まります。



そんな先の見えない生活に、
誰にも心を開かず自暴自棄になる中で、
1人の女性との出会いにより光を見つけます。



人生を取り戻したかに見えたものの、
最後には予想外の選択をする、
という尊厳死についての話でした。



心温まるストーリーではありましたが、
自己執着について深く考えさせられました。



主人公が下半身不随になり、
希望を見失って苦しんでいたことは、
紛れもなく自己執着からくるもの。



「以前の自分だったら」、
と自分の身体にしても、スキルにしても、
自己にものすごく執着しているから、
今生きていることが辛くなるのです。



私自身も映画を見ながら、
生きることに対しても、
自分の身体や子どもや家族、
大切な存在や思い出など、
まだまだ執着だらけだと感じました。



以前、メンターに、
今の執着やエゴが強い状態で、
身体が動かなくなったら、
めちゃくちゃしんどいと思いますよ、
と言われた言葉が蘇りました。



身体も感覚も五感も、
自由にできることが幸せなんじゃなくて、
それらを通して自分に気づいていくこと

ここがとても大切。



身体も感覚も五感も、
「私」の快楽のためにあるのではなく、
魂の学びのために与えてもらっているもの、
という謙虚さがないと、
失った時に苦しむということです。



そうして、
謙虚で在れた時に、
目の前の人生をありのままに受け入れて、
どんな状態にいてもすでに幸せとなれる。



つまりは、
幸せとは刺激ではなくて、
すでにある全てがそれである

ということが分かってくるのです。



大切だからこそ

自分が大切、
自分の人生が大切、
この大切な大切な人生…

この思いが行きすぎると、
自分が人生を思い通りにしたい、
理想の形を壊されたくない、
みたいな傲慢さが生まれてしまいます。



もちろん限りある人生を
大切に思うことは大事なのですが、
自分や人生を過度に大切にしすぎると、
この謙虚さを見失いがちになる。
(自分を粗末に扱えという話ではなく)



人生を大切にするということは、
大切だからと言って

私の思い通りにしようとする、
ということではありません




今ある、その日常に感謝をして、
ちゃんと謙虚に応えていくこと。



つまりは、
「自分の傲慢さに気づいていくこと」
「自分とは何かに気づいていくこと」


これが人としての義務=
人生で本当にすべきこと
なのかもしれないと思いました。



ちなみに、
>大切にするということは、
>大切だからと言って
>私の思い通りにしようとする、
>ということではありません

コレ、
【子育て】においても、
大切なヒントになりそうですね。



おわりに

自分の外側にあるものに寄りかかることは、
執着になって苦しみになる
(必ず変化したり無くなるものだから)

このことがよく理解できる映画でした。



その事実を知った上で、
執着をしないようにするのではなくて、
執着を全て手放そう
=死を受け入れようとすることでもなくて、

何もしようとしなくなって、
今ここにただ在れるようになること、
これが大切なのだと思いました。



何かをしようとすると、
それはどうしても前のめりな姿勢となり、
囚われになります。



何かを求めようとしない、
何かをなんとかしようとしない、
謙虚さを持ってマインドフルに、

日々たんたんと在る



そのことで気づけば、
自然と執着が消えて、
本質的な幸せの中に在る、
安心感と愛に包まれた自分に、
気づけるのだろうと思います。




まぁでもとはいえ、
執着をしているから人生が苦しくなる、
と分かってはいても、

そこに寄りかからずに点として生きるほど、
そんなすぐに強くなれないよなぁ、
とも思います。



そんな時は、
昨日紹介した本にもありましたが、
「うまいことやる」がとっても大事。



点に近づくまでには、
執着している自分に客観的に気づきながらも、
完璧は求めずに上手いことやること、
が必要なのではないでしょうか。



そしてこの力まない状態が、
結果的に本質的な幸せに気づける近道、
なのかもしれませんね。



私も日々、
自分にとってのバランス、
今時点での着地点を模索中です♡



今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

行き急がずにグラウンディングして、
日々の豊かさがあふれます様に。

タイトルとURLをコピーしました