映画『奇跡のリンゴ』を見て

映画・本のこと

青山さやかです。



『奇跡のリンゴ』
という映画を見ました。



主演の阿部サダオさん出す、
魂のオーラに魅了され、
感動で涙、涙。



ものすごくまっすぐで、
ブレのないピュアなエネルギーに、
心から感激しました。



あんな純粋な魂で生きれる人でありたい。



そのヒントは映画の中にも、
描かれていました。



今回は映画を通して感じた、
謙虚に生きるということについて、
お届けしたいと思います。



諦めるということ

映画のストーリーは、
りんご農家に嫁いだ主人公が、
農薬被害に苦しむ妻のために、
無農薬栽培に挑戦するというもの。



農薬が当たり前だった当時、
無農薬栽培への道のりは、
果てしないモノでした。



何年も何年もかけて、
様々な研究をし、工夫をして、
それでも全く結果が出ない。



もうどうしようもなくなり、
命を断とうとする時、
ようやくその答えに、
たどり着くことができます。



これはつまり、
命を断つまで追い込まれた時、
初めて「諦めること」ができたから。



自分のそれまでの囚われや当たり前、
無意識の思考回路やこだわり、
そして「自分が成し遂げよう」
というエゴなど。



これらを手放す覚悟ができた時、
全てが自らの傲慢さから来る、
無駄なあがきだったと気づいて、
心の底から諦めることができます




そうすると、
すでにそこにあった答えに、
最初からもらっていたはずの答えに、
気づくことができる。



人生はもっとシンプルで、
いつも答えをくれているのに、
それを自分で自ら、
見えない様にしてしまうのですね。



結局、
人間が勝手に人生を複雑化している
ということ。



それでもやっぱり、
自分の囚われを外していくって、
簡単なことではないのです。



どこまでも未熟なこころ

諦めるということは、
明らかに見るということ。



明らかに見るとは、
囚われを外してありのままに、
ものごとをみていくことです。



囚われている状態は傲慢な状態、
囚われを外していくことは、
謙虚になっていくこと
になります。



私自身、
ずっと何か諦められない想いが、
心の奥底に引っかかっていることを
感じてきました。



自己探求を深める中で、
囚われは外れて自由になってはいるものの、
まだどこか鎖がひっかかっている感。



探っていくと、
こんな想いが見えてきました。



愛あふれる安心の世界で平和に生きたくない



つまり、
苦行を求めている私がいて、
足を引っ張り合う競争の中にいたい私がいて、
頑張って力んでいたい私がいて、

その囚われを諦められずにいるということ。




…なぜでしょうか?



それは、
✔︎「私」がこれをやったから結果を出したと思いたいから
✔︎「私」がやったんだと思ってそれによって自分を確立したいから
✔︎「私」はもっと優秀なはずだ、もっと本当は能力があるはずだという意識が手放せないから



これが、
愛あふれる世界に気づいてもなお、
元に戻ろうし続ける私の強いクセであり、
こころの奥底にある諦め切れなさの要因です。



これはつまり、
存在価値を外に求めていること
=人の評価に生きる軸を置いている
ということ。



そして、
この強いクセを脱ぎ捨てるには、
行動することしか方法はありません




人の評価を手放すために行動する、
というのは結構勇気のいることです。



傷つくのが恐いから、
行動しきれない自分がいて、
だから突き抜けられない。



囚われから解放され
謙虚さを磨いていくためにも、
まず行動してみる
意識していきたいなと思います。



おわりに

先日たまたま、
米農家の方とお話をした時に、
自分にできることなんて何もないと
謙虚さを学んでいくのが農業だ

とおっしゃっていました。



この行き過ぎた資本主義社会で、
体感すべき大切なことが、
畑には詰め込まれているんだろうな、
そんな風に感じました。



謙虚さも、真剣さも、諦めることも、
全て体感を通してしか、
腹から学ぶことはできません




今置かれている状況を、
否定するものではないけれども、
傲慢さとどう向き合っていきたいか、
今一度考えていきたいと思いました。



今日も最後までおつきあい、
ありがとうございました。

謙虚なあり方が磨かれるほど、
人の魅力は倍増してくのですね。

タイトルとURLをコピーしました