ヨガとはエネルギーとの対話

人生のしくみ

どうも、さやかです。



一時帰国を終えて、
いいエネルギーが循環する感覚が
少しつかめるようになってきた、
と書きました。



自分の持つ強いエネルギーに
これまで翻弄されてきたけど、
エゴの扱いを学ぶうちに少しずつ
扱えるようになってきた、と。



そのことに気づいた上で、
ヨガのを練習してみると、
今まで自分がエネルギーをセーブして
練習をしていたことに気づきました。



エゴを制御するために、
エネルギー自体を抑え込んでいたので、
もちろんこれも自分を見失ないために、
一時的に必要だったこと。



でもどこか私の中で、
ヨガはエネルギーをカームダウンさせて
スローダウンするためのもの、
みたいな感覚があったと感じました。



自分のエネルギーを
思い切り出して練習をしてみると、
上辺ではなく、
エネルギーが深く巡る感覚がありました。



エネルギーと対話していく感覚。



意識と身体とエネルギーがつながって、
全てが循環する感覚
が深まると、
ヨガの本来の目的が感じられるようでした。



でも、
まだ思い切りエネルギーを出し過ぎると、
攻撃的で傲慢な意識を引き出してしまう、
そんな感覚もあります。



もうエゴをこわがらなくていい、
もうエゴでエゴを抑え込もうとしなくていい。



でも一気にエネルギーを出してしまうと、
まだコントロール不能になってしまうので、
少しずつ巡らせ方を模索していくことが
必要そうです。



不器用なので一歩ずつ、
感覚をつかんでいきたいと思います。



意識や心を見つめることと、
身体や行動の動きを見つめること




この両輪が、
学びと気づきを加速させていきますね。


今日も夏の日差しを楽しみながら、
素敵な1日をお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました