恐さに向き合う勇気が違うだけ

未来を自在に生きる

こんにちは、さやかです。



昨夜は、
5か月間受けてきた、
自己受容カウンセリング講座の、
最終日でした。


実習テストもあり、
人の話を聞いて整理していくことが、
得意だし好きだなと感じた時間。


最終テストという存在も、
無理!をこれまで何度も乗り越えて、
やってみたらできる!を体感してきたので、
全く緊張せずに臨めました。



講座全体を通して、
様々な問いかけや違和感を受け取ることで、

自分軸が試されて、
自分の直感力が磨かれたなと思うし、

自分の中心がクリアになることで、
真の自己受容の感覚が腹落ちして、
理解が深まったと感じています。



自分が感じる違和感が何で、
自己受容というものを
自分が伝えるならどう伝えたいのか。


これもよりクリアになり、
これからのエネルギーになりそうです。



講師の方々から、
ものすごい熱い期だった、

今までにない行動力と
想いの強さを感じて圧倒された期、

というコメントをもらい、
似たもの同士が集まるんだな~、
と。


やっぱり私は、

人生負けたくないから、
私以上に一生懸命生きる人と出会いたくない
という気持ちがありながらも、

それ位人生と熱く向き合っている人と
関わっていきたいんだ、

と思いました。



この、
>それ位人生と熱く向き合っている人と
>関わっていきたいんだ
という部分。


ポッドキャストの
収録をしていて思ったのですが、

みんな生まれてきた以上、
本気で人生生きたいし、
自分の精一杯の力を発揮していきたい


と思っているんだよね、
ということ。



本当にそうなんだと思います。


本気で人生どうでもいい
と思ってはいない。


ただ、
その向き合い方や行動の仕方が違うだけ


恐さに向き合う勇気が違うだけ


そうして周りを見てみると、
景色が変わる様な気がしました。




どうして
自分を正面から見つめないの?

どうして突き詰めて考えないの?

もっともっと真剣に
自分や人生を考えないの?

もっともっと貪欲に、
もっともっと強く深く、
人生を歩もうと思わないの?


現状にしがみつく人に対して、
仕方がないと変わらない人に対して、
モノゴトをウヤムヤにする人に対して、

私はずっとずっと
モヤモヤしてきました。


そんな人たちと
同じような人生になるなんて、
同じような人生と思われるなんて、
絶対に許せなかった。



でも本当は、
そんな投げ出しているように
見える人だったとしても、

心の奥底には、
”自分の力を最大限に発揮して

生き切りたい”、
という想いを持っている




そんな風に思えてくると、
じゃあ私には何ができる?
どんな得意で手を差し伸べられる?
と問いかけが生まれます。


人への絶望感が、
少しずつ変わってきている、
そんな感覚もあります。


カウンセラーという
新しい学びの区切りを機に、
ここからどう進んでいきたいか、
また色々と考えさせられています。



今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

本気で生きたくてもがくのが人間の性。
一緒に勇気を育みましょう!


素敵な1日をお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました