母の日の過ごし方に正解なんてない♪

愛を育む子育て

青山さやかです。



この週末は、
母の日ということもあり、
1人ホテルタイムでした。



ホテルに一泊しながらハッピーアワー、
新しいカフェや公園を散しながら、
たまっているあれこれに集中する時間。



目の前に与えられている、
子育てという経験と真剣に向き合う



でもそれは、前回も書きましたが、
自分の時間を持たないということではない。



かといって、
自分時間がないとママは満たされない?
ということ、
そういうことでもないんだと思います。



ひとり時間を過ごすことになっても、
子どもと公園で過ごすことになっても、
ワンオペで過ごすことになっても、
そのどれでもなくても、
今それを経験させられている
ということを受け入れること




自分がどうしたいかではなく、
何を学ぶべくして生かされているのか




「私」を持たずにエゴをしずめて、
ただ流れを受け入れて見極めながら、
都度今に集中すること、
それだけでいいのです。



というか、 それが一番大事。



心からそう思えるようになって、
本当に自由になったと感じます。




このところ、
こどもの日&母の日というイベントが
続いたことも偶然ではない気がしますが。



「子育てを片手間にして外で活躍したい欲望」
=「ビジネスウーマンにこそ価値があるという執着」
から解放されてバランス感覚が入ってきたことで、
瞬間瞬間を生きられているとも感じます。



この変化はすべて、
「自分とは何か?」を見つめて、
「私」をしずめることを実践し続けた結果

として勝手に起きていること。



日々に集中していった先に、
囚われからの解放や気づきの加速したり、
今ここに集中できるようになるから、
そうなろうとしないことが大切です。




母の日にホテルから帰ってきたら、
子どもたちからたくさんのお手紙と、
子どもたちで真剣に1本1本選んだという花束と
旦那お手製のトロトロ肉のシチューと。



愛を表現してもらうのはやっぱり
純粋にうれしいものですね。



今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

焦らずに日々と向き合う勇気を。


タイトルとURLをコピーしました