失うことが教えてくれること

バランスした心づくり

こんにちは、さやかです。



実は先週、
流産の手術を受けてきました。


体調はその前も後も
もう落ち着いているのでご心配なく。


今回は流産を通して考えたこと、
その気づきを綴ってみたいと思います。


小さな存在がくれた大きな変化

7月末に妊娠が発覚してから、
心音が確認できず。


血液検査やらエコーやらを重ねて、
8月下旬に流産と診断されました。


もちろん残念だったし、
嬉しかった分の落胆はあったけど、
最初から悪阻が軽すぎたので、
ショックは少し少なかったかな。


下旬の検診の時から
出血が続いていたので、

きっと赤ちゃんが自分で出てくるよ~
と言ってもらったものの、

2週間後の検診ではまだ中にいるね…、
とのことで急遽で手術することに。


全身麻酔での手術なので
(アメリカだけかな⁉)、
眠っている間に無事に終わりました。



今回のことを通して感じること。


ほんの短い期間だったのにも関わらず、
その小さな存在は
たくさんの後押しをしてくれて、
たくさんの変化を私に残してくれました。



コロナの自粛から、
学校が始まるタイミングだったため、
(私の悪阻が始まったことで)
学校へ通わせる、という選択の後押し。


夫婦でずっと願っていたものを
買うという選択をする後押し。


(コロナで、病気や怪我でも、
病院へ行くことのハードルが上がっていたので)、
病院に行くということの後押し。


そんな分かりやすい、
目に見えることだけではなくて、
私自身のマインドにも
大きな変化をたくさんくれました。


言葉に表しきれないけど、
深い所での変化。


それと一緒に
舞い込んでくる新しい流れの数々。


こうした大きな経験は、
マインドを根底から
変化させる力を感じます。


きっとまだ気づけていないけど、
ここからきっと私自身が大きく変わる。


そんなバイブレーションを
心の奥に感じています。

感謝のこころ

今回の経験はもちろん、
とても悲しい経験でした。


でも今は
「感謝」という言葉が
ぴったりだと感じています。


しっかりと泣いて、
感情をしっかり感じ切った後は、
そのことが私に
何を学ばせようとして起きたのか、
そこに視点をシフトしてみる。



そうして、
感情が浄化された上で、
視点を上げて考えられるようになると
悲しみは感謝へと変わる
んだと思います。


もちろん、
本心でそう思えるまでに、
どのくらい時間がかかるかは、

悲しみを消化するのにかかる時間は、
その出来ごと次第。


私にとって母の死は未だに
完全な感謝までに
なり切れてなかったりもするし。


でも、
できごとへの感謝が溢れる時、

その出来事から本当の意味で
「学んだ」ということになる
と感じています。


ただ、「事象から学ぼう」と、
無理に感謝しようとか、
感謝に変えなくてはならないとか、

悲しみの感情に蓋をすることは、
絶対にしないで下さい。


遠回りに見えても、
まずは悲しみ切ること、
これが何よりも大切です。


その後の学びは、
溢れる感謝の気持ちは、
気持ちが整理された先に、
自然とついてくるものです。

おわりに

今回の経験を通して、
存在するだけでこんなにも
大きな影響を残すんだなと感じました。

だから、
人は存在しているだけで、
世界に影響を与えている

実感できなくても
そういうことなんだろうなと。


そして、
どんな出来事も最善で完全。


あなたに最も必要なことが、
最も最適な形で今起きている。


だとしたら、
あなたはそのできごとから、
何を学びますか?

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

心穏やかに過ごし、
心豊かな日々に囲まれますように。

タイトルとURLをコピーしました