負けず嫌いが苦しいとき

-意識を整える

こんにちは、さやかです。



このところ、
なんとなく他力の必要性を感じ、
色んな場での仲間と、
話をする機会を持っています。


人と話すことで、
見えることってたくさんある。


話を聞いてもらったり、
その中で相手の話を聞いたり。


今私は自分が整ってきたから、
ようやく外に出ていく時なのかなぁ、
と思ったりしています。


今回はそんな中でたどり着いた、
どっちの自分もいていいんだよ、
についてお届けしたいと思います。


人類全員ライバル

過去生ってあるんだろうか?
でも書きましたが、

私の心の奥深くには、
世の中への憎悪だったり、
人類全員ライバルという気持ちがあります。


前世から持ち越した想いも混ざって、
なかなか強い執着心を感じていて、

どう向き合うのがいいのか、
とぐるぐると考え続けていました。



そこで、
本当はどうしたいんだろう?
と問いかけてみました。


すると、
人類全員ライバルであり、
周りはみんな敵と感じてるけど、
本当は仲間と思いたい
という声。


実は以前から、
子どもの映画などを見ていて、

仲間を助けるシーンだとか、
誰かと協力し合ってやっつけるシーンとか、
ウルウルせずにはいられない私がいます。
(アンパンマンとかでも…)


どうしてそんなにも反応するのか?
と疑問でしたが、

人を仲間と想いたい気持ちだったり、
人と戦わずにいたい気持ちが
どこかにずっとあるんだと思います。



本当は、
人類全員仲間だと思いたい。


でも今は、
人から応援されない、
想いが上手く流れに乗らない、
チャンスが降ってこない
といった現実が起き続けている。


つまりは、
なぜうまくいかないのか、
を突き詰めていけば、
学びが一歩深まるはず
です。



私は今、
ここを問われているのか、
と取り組むべき課題が
クリアになってきました。


応援してもらうのが下手

人類全員ライバルを紐解いていくと、
”応援してもらうのが下手”
な自分に気づきます。


自分が人を応援したくないから、
人が自分を応援したいと思うはずがない。


だから、
応援し合うなんて夢物語だし、
応援してほしいとも言えない。


なぜ応援し合うのが夢物語
と感じるのかというと、

みんな誰しもが注目されて中心でいたいし、
前に出てリーダーとして目立ちたいはず。


そんな中で、
心から応援し合うなんてあり得ない。


横一列で競っているんだから、
応援なんかより
いかに出し抜くかを考えているに決まっている、
と思ってきたから。


ここで私の価値観フィルターとしては、

 人は全員ライバル人
 人との関わりは戦闘
 私は応援されない人
 私は否定される人
 応援することは負けを認めること
 負けることは存在の危機
 社会に分かりやすい形で結果を出さなければならない

この辺になります。


この辺がクリアになったところで、
色々とアドバイスをもらいました。


誰がエライとかは捨てる

私が握りしめ続けている、
社会に分かりやすい形で
結果を出さなければならない、
という価値観フィルター。


これって完全に、
母から譲り受けた価値観です。


まだいるの?と聞かれて、
うーん、要らないけど、
持たずにはいられない自分がいる、
というのが私の素直な反応。



でも、
この握りしめた価値観に対して、

最終的に分かりやすい形で世に出なくても、
あなたがいたお陰で今がある、
と言われる裏の支え役になるのも素敵
だよね、
と言われてしっくりきました。


確かに、
じんわりと誰かの支えになって、
じわじわと焦らず、
マイワールドで積み重ねることが
心地よい私もいる。


例えば、
何ごと・どんな場でも、
引っ張る人がいて、支える人がいて、
参加する人や様々な立場の人がいて成り立つ。


リーダーだけが偉い訳ではないし、
目立つ人だけが偉い訳でもない。


全てのモノゴトは、
全員の存在があってその場が成り立つ。


リーダーや目立つポジションに、
価値を置いてきた自分に気づくと共に、
支える役割にもワクワクできる自分に
気づくことができました。


ガツっと引っ張る
リーダー的な自分が出る時と、
じわじわと支える自分が出る時と

両方あっていい



この感覚は新鮮でした。



話は少し飛ぶのですが、
年末に引いたおみくじで、

 縁の下の力持ちを理解すると、
 モノゴトが進む

と書いてあり、
その意味を模索中でした。


でも、
リーダーにこそ価値がある、
に偏っていた私にとって、

支える側を理解することで、
バランスを中心に戻すことが可能になる。


そういうことだったのか、
と腑に落ちました。


それぞれの場で咲けばいい

誰もが存在を認めてほしい気持ち
はあるはずです。


そういう意味では、
私の誰しもが前に出たがっている、
という感覚は間違ってはいないかも、
と。


でも、
前に出たい気持ちを出したい場所は、
家族だったり地域だったり、
友人関係だったり、会社だったり、
みんな違う。


だから、
それぞれが出したい場所で出せばいい。


それぞれの場で花咲けばいい


という言葉をもらいました。



本当に言ってもらった通りで、
人は皆違うのだから、
1つとして同じ場では咲けない。


だから常に競争しなくても、
それぞれの場で咲いていけば、
ぶつかる必要なく
それぞれ思い切り花を咲かせられる。


そして、
人の場にお邪魔することもあっていいし、
その場によって前に出たり、
後ろに引っ込んだりしながら、

どっちも楽しんだらいいんだと
思える様になりました。



つまりは、
深い愛がある自分も
人類全員ライバルと思う自分も
両方がいていい
ということ。


目の前の人を手伝いたいと思ったら、
その純粋な気持ちでサポートしてもいいし、
自分がここぞという時は前に出てもいい。


深い愛で相手を尊重できる自分もいれば、
誰よりも前に出て強引にでも
自分を押し通す自分もいたっていい。



自己受容がまた進んで、
人類全員仲間という意識に
一気に近づいた感覚です。




おわりに

バランスを取るというのは、
なかなか難しい作業です。


強い執着を緩めるには、
どうしてもいったん反対の価値観に
振り切らなければならない場合もある。


執着している価値観を弱めて、
その反対側の価値観の力を
磨く必要があります。


でも、
ある程度反対側の力もついてきたら、
もともとの価値観の存在も認めて、
陰陽両方を自分の中に見出すこと


執着していた価値観を
いつまでも見ないようにするのは、
これまた不自然であり、
バランスを崩します。



陰と陽の両方の
価値観の存在に気づいた上で、
心地よいバランスを模索する。


それが自己受容の大切な
ラストステップだと感じています。




今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!


激しくエネルギッシュに生きたい自分と、
穏やかにしなやかに生きたい自分と、
そのバランスを模索してみませんか。


いつでもお手伝いします。
今日も素敵な1日をお過ごし下さい。

タイトルとURLをコピーしました