他力を借りれる人ですか?

自由自在に未来をクリエイト

こんにちは、さやかです。



今週半ばから旅に出るので、
この週末は大人しくしていました。


久しぶりに母娘タイムを取り、
ブランチ→お買い物に行ったり、
家族で新たなバイクロードを散策したり。


お天気も良かったので、
気持ちよく過ごしました♡



さて今回は、
「他力を借りる」について、
お届けしたいと思います。



他力って何だろう?

先週の記事にも書きましたが、
私応援されるのが下手なんだな~
と気づいたと書きました。


応援されるのが下手、
というのはつまり、
他力を借りるのが下手。


というか、
どの辺をどうやって他力を借りたいのか
よく分からないぞ…


そう考えていくと、
他力を借りるってよく言われるけど、
他力って一体何だろう?
という疑問にぶち当たりました。



他力といっても
色々な他力がありますが、

家事とか子育てとか、
イベント開催とかでヘルプを求めて、
他力を借りることはできます。


自分の分からないことを質問したり、
自分の想いについて意見を聞いたり、
必要な学びのために誰かから学ぶ、
という他力を借りるもできる。


ただ、私は、
自分のやりたいを形にする時に、
どう何を助けを求めるのか、
他力を借りるのか、
応援してもらったらいいのかが、
よく分からないんだな、と。


そこで周りに色々と、
話を聞いてみることにしました。


本当の意味で他力が働くとき

その中で、

他力を借りて、
それが本当の意味で働く時って、
どういう時だと思うか?


という質問をいただきました。


誰かの他力になろうとする時の
立場になって考えてみると
見えてくるものがあるかも、と。



そこから問いを立てて、
掘り下げ考えていくと、
こんな答えが出てきました。


まず、逆の立場で考えた時に、

①どんな人にエネルギーを注ごうと思うか?

 苦しんでいる人
 何か前へ進もうとしている人
 ヒントを探している人
 何か壁を乗り越えるのにヘルプを求めている人


②どんな人にはエネルギーを注げないか?

 困っているように見えない人
 何に困っているのかが分からない人
 1人で乗り越えられそうな人
 自分に関わる余地がないと感じる人


③何をしたら相手が自分のエネルギーを受け取って
(他力を受け取って)、前へ進めると思うか?

 その人自身が納得している時
 その人が理解したいと思った時


こんな答えが出てきました。



つまり、
ここから考えていくと、
本当の意味で他力が働く時は、
『本人が問いを立てた時』



その時に初めて、
差し伸べられているモノを
受け取ることができる。


何かを理解したい、
よりよい選択をしたい気持ちがあるから、
他力を生かすことができる。


逆に言うと、
自分で問いを立てられないのに、
どの他力をどう他力を活用したらいいか、
明確にはならないのですね。


問いを立てるために

私は今何を理解したいのか?
と考えてみました。


最近のテーマそのままですが、

 人は敵ではないということ、
 人は応援しあえるということ、
 人は仲間だということ、
 世界はやさしいということ。



では、そこを理解して、
どこに向かっていきたいのか。


 自由自在な世界で、
 無限大の可能性を感じる自分、
 究極のどっちでも大丈夫を感じる自分

 として生きていきたい。



問いが立つということは、
向かいたい世界がある、
ということ
なのですね。


つまり、
他力を借りる・生かすための
問いが立てられない場合は、
まず向かいたい世界、ありたい姿を
イメージできるようになること。



向かいたい世界をイメージする
→今何を理解したいのか問いが立つ
→必要な他力が分かり頼れる


この順番で考えていくと、
自分にとって今必要な他力を
見つけやすいように感じました。


おわりに

私自身、
もともと弱みをみせるのが苦手で、
質問をしたり、お願いすることすら、
できずに抱え込んできました。


そこからしたら、
自分を隠さなくなってきたし、
無理!とかヘルプ!とか
かなり言えるようになってきた。


でも、まだ、
自分で抱え込んでいたい欲や、
やりきりたい欲が強いのかな、
と感じたりもします。


自力で乗り越えるという経験も
とても大事だと思うので、
どこをどれだけ頼るのかの見極めが
難しくもありますが。


他力を上手く借りて、
自力で乗り越えられるハードルを
上げていきたいなと思いました。



今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

心穏やかに過ごして、
心豊かな時間に囲まれますように。

タイトルとURLをコピーしました