マインドフルな眠り術

セルフケア法

青山さやかです。



今日は、
「マインドフルな睡眠」
について、
お届けしたいと思います。



もともと、
夢を見ることが多く、
眠りが浅くて質が悪かった私。



精神、心、身体との対話を深め、
意識が少しずつ変化していく中で、
睡眠の質も少しずつ改善していることを
実感しています。



先日、
眠りの深さは日中の潜在意識のあり方に比例する
という話を聞いてなるほどなと思いました。



日中に中庸な意識で過ごせるほど、
夢を見ることもなくなり、
深い眠りにつくことができる。



一方で、
日中ストレスフルだったり、
力んでいたりで気張って過ごしていると、

睡眠に入って潜在意識の蓋が開いた時に、
1日溜めこんだことが夢として出てくる、
というお話でした。



確かに、私自身、
自己対話を通して囚われが外れ、
自分の存在の完全性の理解が進んだことで、
夢を見る回数が格段に少なくなりました。



自分の存在の完全性の理解が進む
=今ココを安心して生きられるようになる、

つまりは、
地に足つけて生きれるようになるほど、

眠りが深くなる
ということ。



生き急ぐ心は浅い眠りを誘い、
眠りが浅いとエネルギーが下がるので、
日中ベストパフォーマンスを発揮できず、
その不安から更に生き急ぐ…

と、負の循環に陥ってしまうのですね。



日中どれだけマインドフルにあれるか、
囚われずに中庸にあれるか、
睡眠の質との関係性を観察してみると、
発見があるかもしれません。




ちなみに睡眠について、
様々な情報がありますが、

眠るためにもエネルギーが必要
ということも、
睡眠改善に役立ちました。



肉体エネルギーが足りていないと、
眠ることもままならない。



だから、
消化時間を加味した上で、
眠るためのエネルギー源を
しっかり摂っておく(食べる)、
ということも大切だそうです。



精神、心、身体、
ホリスティックに総合的に捉えつつ、
今何を感じているのか対話を深めながら、
よりしなやかに生きていきたいですね。



今日も最後までおつきあいいただき、
ありがとうございました。

深い眠りで人生が加速しますように。

タイトルとURLをコピーしました