どんな循環の中にいたいですか?

人生のしくみ

青山さやかです。


今週も、
振り返りとテーマを
お届けしていきたいと思います。


振り返りと今週のテーマ

さて、
感謝の心を育む」を意識して過ごした、
自宅待機の最初の一週間。


してあげてもしてもらっても、
何もしてもわらなくても、
ということでの心がけでした。


が、
今は旦那の実家にお世話になっているので、
してもらうことが多かったかな…



いさせてもらう場所があること、
ご飯を用意していただくこと、
好き勝手に過ごさせてもらっていることなど、

日々感謝です。



それに加えて、
全てのモノの裏にある道のりに、
感謝が繋がっていきました。


全てのモノが手元に届くまでに、
関わった人やモノのエネルギーや想い。


普段は見えない裏の流れが、
ふわっと浮かび上がってきたイメージです。



そうした全ての流れがあってこそ、
目の前の生活があります。


生かされているなぁ。



そして、
そうした目に見えない流れを感じていくと、
自分が豊かにしたい先にお金を払いたいな、
と思います。



自分の家庭の外で生活していると、
ラジオやTV、広告などの情報が入ってきます。


その中でやはり気になるのが、
安売りや上辺だけの文言、
全体感を見失っている情報。


すごく違和感を覚えます。



安さに魅かれたり、
値切ったりというのは、

その過程のエネルギーや想いを
軽視しているということです。



自分だけが良ければそれでいい、
自分だけが得すればそれでいい。


目には見えないけれども、
そこまでの想いに目を向けることは
とても大切だと思います。



でも、
ただ何でもお金を払えばいい、
ということでもありません。


流れという見えない部分へ意識を向けつつ、
自分の納得のいく先と循環することが大切




そう考えていくと、

できるだけ純度の高い
エネルギーの流れの先にありたいし、

高いエネルギー循環の中にいられる自分
でありたいなぁと思います。



消費することをじっくりと味わった、
そんな一週間。


感謝からの気づきと共に、
自分がどんなエネルギー循環の中にいたいのか、
どんなエネルギーを流せる自分でありたいのか。


心に問いかける時間でもありました。

今週は、
『全体の中での役割を見つめ直す』

をテーマに過ごそうと思います。


おわりに

自宅待機も1週間が過ぎました。


梅雨の割には晴れ間が多くて、
お庭を走り回ったり、

テラスでみんなでお茶をしたり、
ゆっくりと過ごしています。


私の自宅待機のお共は、
吉川ひなのさんの
『わたしが幸せになるまで』。




ハワイの山の奥での
完全オーガニックな生活に、
そこに至るまでの
心の変化が書かれています。



幸せとは何か、
とても共感します。


ナチュラルライフについては、
私自身がシフトしきれずにいることに、
後押しをしてもらえるような内容。


今日も最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

心穏やかにお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました