9回目の正直!一時帰国を振り返って

海外生活・キャンプ

こんにちは、さやかです。



一時帰国から戻ってきて、
時差ぼけもようやく落ち着いてきました。



今回の一時帰国を振り返って、
もちろん日々日々様々なことはありましたが、
総じていいエネルギーで過ごすことができました。



日々たくさんの人と再会し、
北は福島から南は兵庫まで、
子ども2人を連れて車を走らせ、
友人宅やホテルを泊まり歩く。



そんな旅の中で感じたのは、
自分のエネルギーが循環している感覚
エネルギーの流れの心地よさでした。



ここで気づいたことが、
私にとっての「いいエネルギー」とは、
激しめにエネルギーを動かしている状態、
だということ。



直感を研ぎ澄ませて選択し
どんどん行動していくこともそうだし、
相手とのエネルギーの交換という意味でも、
「大きくエネルギーが動いていること」が
とてもしっくりくる感覚でした。


不完全燃焼感の正体

そう考えていくと、
社会人になってから、
そしてアメリカに来てからずっと抱えて来た
不完全燃焼感が何だったのか、
ということがわかって来ました。



私自身きっと、
もともと生まれ持ったエネルギーが強い(激しい)
タイプなのだろうと思うのですが、
でもこれまではそれをエゴ(欲望や執着)に
乗せる方法しか知らなかった。



それを特に学生の時までは、
ある意味エネルギーを爆発させていたけれども、
怒りが爆発したり、相手を攻撃したり自分を痛めつけたり、
刺激や何者かになることを追い求めるなど、
そんな痛手がいつもありました。



社会人となり、妻となり母となり、
そのままエゴのエネルギーを
爆発させ続けることに違和感を感じ、
エゴをコントロールする方法を模索してきました。



でも逆にその中で自分が持っている
本来の強いエネルギーすらも抑え込むことになり、
それが不完全燃焼感=魂がくすぶっている感覚
につながっていたようです。


9回目にして初の成功

そして今回の一時帰国。



一時帰国が激しいスケジュールというのは、
まぁ毎回そうなりがちなのですが、
今回大きく違ったのは、
最後まで自分を見失わずに過ごせたこと。



いつもは必ずどこかで自己を見失い始めて、
大きく体調を崩したり怪我をしたりするのですが、
今回は9回目の一時帰国で初めて(!!!)
最後まで無事に過ごせました。



激しいスケジュールの中でも、
自分を見失わずに過ごすために必須だと感じること。



それは、
日々のできごとでブラされることがあっても、
すぐに俯瞰して観察する視点を持つこと

毎日のヨガプラクティス(ボディメンテと瞑想)




今回最後まで無事に完走できたのは、
この2つのお陰。



(9回分の一時帰国の経験からの工夫や親族の助け、
子ども達の成長はあるにせよ)



これらのスキルを育むことこそが、
エゴに振り回されずに自分を中心に保ち、
いいエネルギーで生きるための方法
だと、
実感しました。



おわりに

今回の一時帰国を経て、
今ならば大きくエネルギーを出しても、
前のめりになりすぎずにいられる、
という自信になりました。



そして逆に言うと、
ここまで来るためにも
不完全燃焼感はあったけれども、

いったん大きくスローダウンして
とりあえず全体的に沈めていくという
この10年の時間は必要だったとも感じています。



長年の不完全燃焼感の正体が腑に落ちて、
新たな気持ちで日常に戻ることができそうです。


いいエネルギーが循環していきますように。

タイトルとURLをコピーしました