使命と自己実現は違うのか

使命と中心軸

こんにちは、青山さやかです。



使命を果たしたい、
という気持ちは誰しもが持っていて、
生まれてから無意識にも
そこに向かって生きているようにも思います。



わたしも18歳で母を亡くしてから、
「使命を果たしたい」という気持ちが
顕在化して強くなりました。



でも、
その頃ちょうど流行り始めていた
「自己実現」という言葉に翻弄され、
結構苦しむ結果に。



そこから、
使命について学びを深める中で、
自己実現が苦しい理由が分かってきました。



それは、
自己実現=私が価値ある人間でありたい、
という承認欲求を目指してしまい、
外に意識が流れてしまう傾向がある
から。



そうなると、
生きる軸が外にある状態なので
環境、状況や人にブラされることになります。



生きる軸が
自分の中心に置かれていないことが、
生きづらさの根本要因なので、
自己実現を自分の欲望を満たす方向へ
捉えてしまうと苦しみになります。



これは、
自己実現が悪いという意味ではなくて、
自己実現をどう捉えるかが大切、
ということ。



自己実現=
捉え方① 何かになりたい、何かを得たい、承認欲求
捉え方② 生まれてきてすべきこと、なすべきことを全うする




この②で捉えることが大切です。



生まれて来てすべきことを全うする、
というニュートラルで純粋なエネルギー。



自己実現=使命を全うすること、
ここの探究は結構大事だなと思います。




それぞれの捉え方について、
例えば、

稼ぎたい!商売したい!

ではなく、

エネルギー全開で生きたい!
命がけで無我夢中に毎日を暮らしたい!

だったり。



お金のために、
人気者になるために、
感謝されるために、
誰かにエネルギーを注ぐのではなく、

「結果として」、
お金が入ってくる、
人が集まってくる、
感謝される存在である、

だったり。



ヨガのポーズも一緒で、
キレイなポーズを取るためにこう動かすといい、
ではなくて、

自分の身体の軸を探求した結果、
ポーズがキレイになる動かし方になった、

この順番です。



何かを取りにいくのではなく、
目の前のことを積み重ねること、
ですね。



今日もすてきな人生探究を。

タイトルとURLをコピーしました