周りと一体感を感じて生きること

人生を見つめる

こんにちは、さやかです。



年末に家族で行ったスキー。



今回、
完全初心者の4人の子ども達に教える、
という経験をさせてもらって、
こういうの好きだなぁと思いました。



よく考えてみると、
私スキーがめちゃくちゃ好き
って訳ではないのですが。



(ウィンタースポーツでは、
まだ誰も滑っていないパウダースノーの上を
スノボで滑るのが一番好きかな)



自分はまぁまぁ滑れるスキーで、
初めての子がどうやったら
スキーをこわがらずに楽しめるか、
どうやったら雪山と仲良くなれるか。



工夫しながら色々やりとりして、
上達を見守るって
すごく楽しいなと感じました。



相手との一体感

この子ども達とのやりとりって、
相手に意識を合わせること
一体感を感じていくこと
ここに通じます。



「私」をできるだけゼロにして、
相手が何を感じ何を必要としているか、
を感じていく。



そうしていくことで、
そこに相手との一体感が生まれます。



スキーを教える時に感じたのは、
・絶対に恐怖心を持たせないこと
・その子のやりやすいステップ
ここを感じてあげること。



そこに、
普通ならこうしたらこうできるはずとか、
こう言ったらこう受け取るはずとか、
「私」の思考は不要です。



むしろ「私」の思考が入った瞬間、
うまく伝わらなくなる。



私たちの人生が苦しくなるのは、
根底に私は私、あなたはあなたという、
分離の意識があるからです。



分離の意識が強い状態とは、
自分の正しさへの囚われが強い状態。



自分の正しさを守るために
「私」が強く前に出てきて、
そうなるとモノゴトの本質を見失って
人生がとても複雑になっていきます。



「私」をゼロに近づける、
自分の正しさや思考という
囚われをゼロに近づけていく。



そのことで、
相手との一体感を
感じることができるのです。



相手との一体感を感じられる時、
私たちはとても心地よく生きられます。



なぜなら、
自分を守ろうと力まなくていいから。



相手=自分と感じることで、
この世界に敵も味方もないと理解でき、
そのことで得られる安心感はとても深いもの。



この感覚は、
慈悲の心や完全性の理解へも
つながっていきますよね。



本来で生きるためにも、
一体感を探求していくことは、
とても大切な要素になります。



生きることと一体感

また、
「スキーの板と仲良くなるんだよ」
「雪山と仲良くなるんだよ」
といった言葉を伝える中で感じたのが、
これも一体感につながるということ。



板をコントロールしようとか、
雪を思い通りにしようとするのではなく、
板や雪という相手との一体感を感じていく



相手を感じて受け入れるとは、
相手に委ねるということです。



相手を感じ、状況を感じ、
一番ベストな力の入れ具合や
進む方向に自分を調整していく。



こうやって
一体感を感じながら進んでいくこと
ここに人生を歩むヒントが
隠されていると感じました。



思い通り、理想通りに
結果を得ようと生きるのではなく、
人生という川の流れに一体感を感じながら
受け入れてゆだねていく。



その流れとの関わりの中で現れる
自分自身を見つめながら、
自分というものを深く理解する。



自己理解を通して、
「自分」にしがみつかなくてよくなるほど、
力まなくなって委ねて
生きられるようになるのです。



積極的だけれども
攻撃的ではない関わり合いを通して、
自分を真ん中に調整していく




この感覚が人生をしなやかに生きること、
ここにつながっていくのだと感じます。



おわりに

どんな経験、モノゴトにも、
人生のヒントがつまっています。



日々は気づきの宝庫。



まずは自分に余裕を作りやすい
得意なことをしている時間から、
気づきを受け取っていく。



まずはそこからがやりやすいです。



そしてそのうち、
苦手なことからも気づけるように、
全ての時間が気づきの時間となるように、
受け取り力を磨いていきたいですね。



今日も最後まで読んでいただいて、
ありがとうございました。

一体感とは何なのか?
是非探求してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました