一時帰国を振り返って~2021夏~

自由自在に未来をクリエイト

こんにちは、
青山さやかです。



月曜にテキサスに戻りましたが、
すっかり時差ボケにやられ、
3日ほどウトウトして過ごしていました。



ようやく少しずつ
意識がはっきりしてきたので、
一時帰国を振り返ってみました。




”想い”と向き合った時間

今回の一時帰国は、
特に”想い”と向き合った時間の様に
感じています。



ホテルやお店など、
様々なサービスを通して感じたこと。



身体の声を聞くことで、
敏感に感じ取るようになった、
想いというエネルギー。



何に人生をかけ、
何を面白いと思い、
何に心躍らせるのか。



それぞれの人生の選択、
それぞれの人生への想い。




人と人の関りの中での想い、
エネルギー循環としての想い、
などなど。



”想い”が詰まっているものは、
とても美しく、自然体で、豊かです




何かと触れ合うとき、
”想い”を感じるとこちらの心も満たされ、

”想い”がそこにないと、
鼻であしらわれたような感覚で、
逆にエネルギーが奪われていきました。



友人との対話の中でも、
心のありのままが受け入れられる時、
”想い”の触れ合いを感じ、
安堵感や応援、循環の力を感じます。



そんな対話を重ねると、
自分が思っていたより愛されていること、

そして、
思っているより人に愛を注げることに、
気づくことができました。



”想い”を循環できる人でありたいし、
”想い”の詰まった人生を送りたい




そのためには、
想いが溢れている環境であり、
想いを尊重し合える環境に身を置きたい、
そう思います。



想いって、
利益や効率を追いかけると、
本当に簡単に失われてしまいます。



でも、
私は想いがない人生なんて、
面白くないと思う。



だからこそ、
自分の中心とつながって、
想いを循環できる人でありたいし、

それを心地よく循環できる仲間と
生きていたい




そんな自分の心が、
改めてハッキリ見えてきました。




全ては自分の意識の表れ

一時帰国中は、
テキサスでマイペースに生活しているより、
様々なできごとに遭遇します。



関わる人が多い分、
それぞれの想いや心のクセ、
その関りの中で派生するできごとは、
色とりどりになります





全ての時間…
とはいきませんでしたが、

今回は自分の中心を見失わない力
=客観力をギリギリ見失わずに、
過ごすことができたと思います。




目の前に起きることや、
自分にかけられる言葉、
自分が耳にする言葉や音。



全ては、
自分の意識の表れであり、
空からの私への問いかけで、
それ以上でもそれ以下でもありません




心揺さぶられることが起きるたびに、

ここから私は何を学ぶべきなのか?

何を学ぶべくして
今このことは起きているのか?


と何度も自問を繰り返しました。




人生はメタファです。



どんな環境にいて、
誰とどんなことがあったとしても、
全ての要因は自分の中にある




自分の中に何か学ぶべきことがあるから、
より自分が豊かに自由になるために、
目の前のことが起きてくれているのです。



体調も体力もギリギリになって、
心が外に向きやすい一時帰国。



心がブラされるたびに意識を内側に戻し、
これまでの学びを一つずつ、
噛み締める時間となりました。




与えるということ

私の6月のテーマは、
与えるを磨くでした。



その与える感覚を加速させるために、
7月のテーマは中心軸の強化。



一時帰国中は、
与え与えられる循環を、
肌で感じ、心で感じ、
模索した時間でもありました。



そして、
帰りの飛行機で読んだ、
賢者の書』。



まさに、
ジャストなタイミングで、
降りてきた本。



与えるとはそういうことか、
とピースがつながっていきました。




他人の幸せのみをひたすら願う生き方と、
自分の幸せのみをひたすら願う生き方。



どちらが本当の幸せな生き方か?



後者の生き方は、
自分を幸せにしてくれるものだけを
探して生きる生き方です。




でもそれは、
結局自分の幸せを想う存在をも信じられず、
お互いの競争意識の中で

心がボロボロになっていくだけである。



一番記憶に刻まれたのは、
そんなメッセージでした。



後者の生き方は、
エゴが強い生き方になります。



エゴとは、
自分だけよければいい、
自分さえ幸せならいい、
自分だけが特別だという心です。



欲望に心が、
コントロールされてしまっている状態。



競争社会で生きてきた私は、
後者の生き方しか知らなかった
のだと、
気づきました。


だから、
自分だけが誰かを想って、
損をするのが恐い。



自分だけが幸せを
願ってもらえなくなるのが恐い。



その結果、
与え循環できる存在になりたい
と願いながらも、

心からそうすることができなかったのだ
と分かりました。



旅の終わりに痛快なメッセージ、
刺さりました。




おわりに

一時帰国は特別な時間です。



普段できない経験ができ、
学びや気づきも多いのですが、
一方でなかなかハードです。



だから、
家族のサポートなしには、
成しえない経験でもあります。



今回、
自分を見失わずに過ごせたのは、
自分を整える時間を持つこと、
休む時間を持つことを許してくれ、
たくさんの愛を注いでくれたお陰です。



懲りずに何度も帰る私を、
いつも温かく受け入れ、
支えてくれる家族に感謝。




さてもうすぐ8月、
いよいよ大きくギアチェンジをします!



注ぎ込んできたすべてのエネルギーが、
大きく循環していきますように。





今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました