『賢者の書』を読んで考えたこと

映画・本のこと

青山さやかです。



年末から、
『賢者の書』という本を読み返しています。



8人の賢者と出会う中で、
人生に欠かせない要素を学んでいく、
という内容ですが、
原点探求に欠かせない要素たっぷり。


頭では分かっているけれども、
日常を過ごしていく中で忘れがちなことを、
繰り返し読んでいくことで、
日常に染み込ませています。



その中でも、
第四の賢者の言葉がお気に入りです。

 ”人生における成功を、
 何になるかに求める人は多い。

 しかし、これになれたら成功、
 幸せなどという職業は存在しない。”

 
 ”まず真剣に考えなければならないのは、
 どんな人間になりたいのかである。”



つまり、
どうありたいのか、
それが何よりも大切
ということ。



私はこれまで、

・どれだけ抽象度や視座が高いか
・知見や専門性があって優秀か
・生きるセンスが高いか
・自分が整って愛が溢れているか

という視点で人の価値を測る、
そんな傾向がありました。



でも、
第四の賢者の言葉にある通り、

・抽象度や視座が高い
・知見や専門性があって優秀
・生きるセンスが高い
・自分が整って愛が溢れている

という人は、
本人がそこを目指した結果として、
そういう人になれたのではなく、

その人のあり方が
人として然るべき方向を向いていたから、
それ故の学びを重ねることができて、
そうした人間になれた
ということ。



もともと自我が強くて、
自分にしか興味がなく、

自分が幸せならそれでいい、
他人は自分の幸せのためにある、
くらいに思っていた私。



でも、
心の底ではそんな自分が嫌で、
誰かと本気で信じ合いたいと願い、

見返りを求めずに誰かを深く愛し、
愛を循環できる人でありたいと思い、
内観を通して自我と向き合ってきました。



そのうちにいつの間にか、

・抽象度や視座が高い
・知見や専門性があって優秀
・生きるセンスが高い
・自分が整って愛が溢れている

そんな人になれたら、
人を深く愛することができると思い込み、

気づけばそこを目指して、
逆算であり方を定めていたようです。



そうではなくて、
まず先にどうありたいのか。



こうなりたいからこうありたい、
ではなくて、
ただただどうありたいのか



どんな人間でありたいのか



未来ではなく今ここのあり方を、
しっかりと深く見定めていくことが、
とても大切だと感じます。



今ここのあり方が、
然るべき方向を向いていたら、
それを積み重ねた未来は自然と、
心地よいものになっていくから。



つまりは、今この瞬間に、

どの言葉を発するのか、
どう行動するのか、
どう接するのか、
どう選択するのか、

全てはここからです。



意識化しながら、
日々を積み重ねていきたいですね。



今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

今ここ一つ一つを丁寧に、
日々が輝いていきますように。

タイトルとURLをコピーしました