ジャッジが消えた、その訳とは

ゼロ原点の探求

青山さやかです。



ここ最近のテーマ、
「そのままの自分を受け入れる」
ということ。



気づきを重ねる中で、
ふとジャッジの心が消えました。



これはとても不思議な感覚。



これまでも
客観的視点は育んできたけれども、
ジャッジする思考や
陰陽に偏る感覚が消えることはなく、

一息置いて「客観的に見るを選ぶ」、
という感じでした。



でも今回、
ジャッジが消える経験をしてみて、
もう一つ上のレベルの視点で
自分を見つめている視点がある、
ということに気がつきました。



つまり、
現象があって体験している自分がいて、
それを客観視しようと心がける自分がいて、
その自分をも客観的に見つめる視点がある、
ということ。



客観視しようと心がけている自分は、
自己本質ではなくまだ自我の意識です。



だから、
その自我の意識で客観的に見つめている以上、
自我は相対性の世界で生きているものなので、
ジャッジが消えることはない
のです。



なんとかしようとする意識は自我の意識で、
自我で自我をなんとかしようとしても、
ジャッジの世界から抜け出すことはできない、
ということになります。



自己本質を理解するためには、
執着を手放して、エゴをしずめて、
考えずに感じる、と言われますが、

執着をしないようにしたり、
エゴをしずめようとしたり、
感じようとしたりすること自体で、

自己本質を理解することはできない
ということ。



大切なのは、
執着をしていたり、
エゴがしずまらなかったり、
感じずに考えていたり、

もしくは反対に
執着をしないようにしたり、
エゴをしずめようとしたり、
感じようとしたり、

といった全ての自分の要素を、
さらに一歩引いた客観的な視点で
見つめるということ




執着は生きづらさであり
自己本質を見失う原因と知った時に、

執着を手放すことよりも
執着をしている自分に気づいて、
その自分を深く問うことだったり、

執着が生きづらさなら
執着をゆるめたいと行動する
=正しさを求める自分に気づいて、
その自分を深く問うことです。



どんな自分が出てきたとしても
自分とは何か?と問い続けることです




ただし、
反対の行動をすべきではない、
(ここで言う執着をゆるめる行動を
する必要がない)という訳ではありません。


自我の意識でも
客観的視点を育むことは、
自己理解につながりますし、

もう一つ上の観察軸で見つめるとしても、
今までとは違う選択をすることで
心をかき混ぜることができるので、
見つめるための要素が浮かび上がります。



自分を問うための材料ができるということ。



少し言葉では表現しにくいのですが、
客観視、観察することには、
2つのフィルターがあると言うことです。



自我による客観視と、
自己本質による客観視と。



自我による客観視が深まっていくと、
自己本質による客観視も深まり、
自我が客観視しているところを
さらに客観視できるようになります。



この自己本質の客観視が深まると、
ジャッジが消えるということが起きる




ジャッジしている自分を見つめている
完全な中心の視点なので、
相対性の世界から抜け出せるからです。



ジャッジが消えると、
目の前で起きていることも
相手に対しても環境に対しても
たんたんと受け入れられますし、

何より自分の人生のストーリーを
否定してあらがうことがなくなるので、
安心感の中に生きられるようになります。



まずは、
自我の意識での客観視を磨き、
自分とは何かを問うところから。



経験を重ねていくにつれ
自己理解が進んでいくと、
視点が上がり始めると思います。



地味な積み重ねですが、
ぜひ探求を楽しんでみてください。



今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

相対の世界から抜け出せますように。

タイトルとURLをコピーしました