自己責任で生きるという覚悟

人生のしくみ

こんにちは、さやかです。



人間って、
無意識に自分の都合のいいように捉えたり、
見たくないものは心をそらしていたり、
的確な理由を見つけて逃げていたり。



そういうところがあるんだなぁ、
と感じています。



それが脳のホメオスタシス、
「脳は変わることが嫌い」
という働きってことなのかも。



逃げないように意識しているのに
実は無意識に逃げているって、
ややこしすぎますよね 笑



もっとシンプルだったらいいのに
と思いますが、
「実は無意識に逃げている自分」
に気づくためにも、
究極見つめ続けるしかないのだと思います。



ただ、
その時に頭に入れておくべき、
とっても大切なことは、
全てを自己起因、自己責任として捉える
ことです。



どんなできごとも、
自分のフィルターで見ているから
そのように見えて、
心が反応して思考が動いて行動になる。



フィルターとは価値観、
価値観とは囚われです。



その囚われから解放されるために
そのできごと、感情、思考を味わっている、
ということ。



それはつまり、
どんなできごとも、
自分の囚われに気づくために起きている

ということです。



ビジネスの世界では、
インサイドアウトと呼ばれますが、
この視点を常に頭に入れておくことが
すごくすごく大切だと感じます。



この出来事が起きている要因は、
自分の中にあるはずだけどそれは何だろう?

このできごとは自分の何を
自由にさせようとして起きているのか?
何を理解したらいいのか?



常にそう自分自身に問いながら、
人の行動や言動を見ていくと、
「この人なんでこうなの?」
「あの人のこういうところ嫌い、
関わりたくない」
みたいな思考はなくなると思います。

(自分の心の痛いところをみたくないから、
周りや人のせいにしがちってことですね)



「人のフリ見て我がフリ直せ」
と昔から言われるように、
人は自分の写し鏡で、
人が見せてくれるものは
必ず全て自分の中にあります



目の前のことをすべて自己起因として、
つまりわたしは何を握りしめている?
と向き合っていくとその先に、
「実は無意識に逃げている自分」
という気づきにも辿りつける。



これは、
自分の人生に覚悟を決めるための秘訣、
とも言えるかもしれません。



人生にコミットすることができると、
とてもいいエネルギーで生きることが
できるなと感じています。


今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

素敵な1日を♡

タイトルとURLをコピーしました