人の評価が気になるとき

人間関係をラクにする

こんにちは、さやかです。



自分の中での覚悟が決まってから、
何だかとてもエネルギーが軽いことを
実感しています。



その理由はなんだろうと考えると、
評価」に置かれていた人生の軸が
少しリリースできたから。



小さい頃から負けず嫌いで、
母に比較して厳しく育てられたわたしは、
人一倍人の評価に敏感。



ずっと周りの評価に
人生の軸を置いてきました。



でも、
自分の人生に覚悟が決まってから、
それがすぅっとうすれていくのを
感じています。



評価に軸があるという状態

評価に軸がある状態って、
どんな状態かというと…



誰かに認めてもらわないと
自分の存在を信じることができないから
なんだかどこかいつも不安。



軸が外にあるから自分軸がブレやすい



握りしめているものがあるから弱い、
弱いから評価に過剰に反応する



常に自分や他人も評価しているから、
疲れる、エネルギーが漏れる。



こんな感じで、
まさに負の連鎖なんですよね。



手放そうとしない

評価に囚われていることでの
負の連鎖がここまで分かっていても、
なかなか手放せないものです。



手放したいと思っていても気づくと、

「否定されたくない、間違えたくない、評価してもらいたい」
「認められないのがこわい、評価されるのがこわい」

を心の奥底で握りしめている。



これって結構苦しいんですよね。



分かっちゃいるのに〜〜
いつまで握りしめてるんだ〜〜

って歯がゆいしもどかしいし、
自己否定したくもなるし。



でもそんな時にこそ、

・たんたんと内観を積み重ねること
・手放そうと力まないこと

が大切です。



結果を取りに行こうとしても
絶対にうまくいかないので、

焦らずに「評価に囚われている自分」
観察し続けること



そうして、
囚われを見つめて観察していくことで
理解が入ってくると必ずいつか、
自然とその囚われを手放せるようになります



なかなか手放しが進まなくてしんどい時こそ、
積み重ねの力を信じて決して焦らずに
日々と向き合ってみてください。



おわりに

評価に囚われていた心が
少しゆるんだことで、
「評価」を恐れていた心が
ゆるんだように感じます。



周りからのどんな言葉も行動も評価も
自分を否定肯定するものではなく、
全てが人生へのメッセージ

と思えるようになってきた。



今は、
どう反応されるかどう見られるか、
何が起きるかどう人生が進んでいくかに、
良いも悪いもないと思えています。



それは、
どんなできごとも、
今を探求し自己を探求するための
材料でしかない
と納得できたから。



この感覚を深めながら、
内観を続けていきたいと思います。



今日も最後まで読んでいただいて、
ありがとうございます。

探求を楽しんでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました