無限の可能性に出会える場所

今ここマインド

青山さやかです。



今朝、
衝撃的なことがありました。



今までずっと分かりたいと、
少しでも近づきたいと思っていた、
自分自身の原点に気づく経験。



気づきが、
一瞬にして身体に入ってきて、
激震が走る様に感動しました。




先日の記事で、
生き急ぐことについて問いを立て、
生き急ぐの原点を探りながら、
日々過ごしていたここ最近。



生き急ぐの原点は、

・何か価値のあるものになりたい
・何者かになりたい

といったような、
何かを得ようとする姿勢。



つまりは、
私はすべてのことに対して、

より良い自分であるため
に取り組んでいることが、
より際立って分かってきました。



身体や心を探求したり、
原点に近づくための手放す作業も、
「より良い自分であるため」
に有効だからやっていた。



より良い自分であるにはどうしたらいいか、
より高い自分であるにはどうしたらいいか。



そうした目的地点の視点からしか、
問いを立てて行動していませんでした。



そのことに気づいてから、
より良い自分でありたいからやるをやめる
を意識して過ごしてみました。



そこで今朝の出来事に戻ります。



身体に衝撃が走るように降りてきた気づき。



『自分の原点・本質は目指すものでも、
なろうとするものでもない。



完全である自分の原点とは、
思考することはできないけれども、
ここにすでにあるもの。



そこに気づくには、
エゴ=思考全般のプログラムを止めること。



そのプログラムさえ止めることができたら、
自分の原点はすでに常にそこにあって、
一体になることがいつでもできるもの。



あ、そうか…



私が目指していたより良い自分は、
よりエネルギーの高い自分は、
すでにそこにあったんだ。



いつもここにいて、
私と共にあったんだ。



ここに気づくために、
私はエゴをゆるめてきたんだね。



目指さなくても、
ホームを感じるだけでよかったんだね
。』




今ここにある自分の原点に気づき、
身体中にエネルギーが溢れていくような、
無限の可能性の中に戻るような、
そんな感覚を感じました。



人の本質は、
すでに美しくてしなやかで、
自由で、無限の可能性にあふれている、
それを肌で感じたような瞬間でした。




感覚を研ぎ澄ます、
ということの本当の意味は、
思考を止めるということです。



私たちはこの世界を感じ、
それを通して知恵を学ぶために、
5感を持っています。



でも、
感じた瞬間に思考してしまうことがほとんど。



そうなってしまうと、
5感を使って知恵を学ぶことはできません。



感じよう感じようとして、
思考で感じていくことは、
感覚を研ぎ澄ませている”フリ”




ただただ思考を止める。



思考を止めることで、
感覚を研ぎ澄ませて、
今この瞬間を最大限に感じていくと、
原点である状態であれます。


そこは無限の可能性が広がる世界。



自分を磨こうとするのではなく、
目の前のことをどこまでも繊細に感じて、
積み重ねていった結果として、
よりよい自分へ導かれていた。



そういうことなのですね。



意識が一つ上に上がり、
見える世界がまた変わってきて、
この世界の奥深さにゾクゾクしています。



今日も最後までおつきあいいただき、
ありがとうございました。


自分とは何か、
究極まで探求し続けていきましょう。



タイトルとURLをコピーしました