コロラドをキャンピングカーで巡る11日間の旅 ~後半~

海外生活・キャンプ

こんにちは、
テキサスからさやかです。


7月末の11日間で、
キャンピングカーで
コロラドを巡ってきました。


RV旅の持ち物はこちら
RV旅の献立はこちら
旅の行程と旅日記前半はこちら


今回はコロラド旅日記の後半を
お届けしたいと思います。

旅日記後半

<5日目>

朝から昨日の残りで和食朝ごはん。


そこから蒸気機関車に乗りに行く。
針葉樹の山に囲まれた場所にある発車駅。




蒸気機関車の汽笛の音と煙が、
何とも言えないいい雰囲気。


San Juan Forest Parkの中を汽車は走る。


まず見どころは、
絶壁を走る線路から見下ろす、
川、岩山と針葉樹の織り成す景色。




これは圧巻。
自然の力に忌避こまれるような感覚。


途中、
川の上の橋を通り、
少し標高を下げて川沿いを走る。


森と岩山、川の織り成す絶景に飽きることがない。




最初から最後まで心がドキドキしっ放しで、
自然の持つ特別な力を感じる1時間半だった。


ちなみに汽車内はマスク着用、
人数も制限されていて、
消毒対策もしっかりしてくれているので、
安心して楽しめます。



そこから2時間半山道を移動。

Black canyon of the Gunnison国立公園へ。


冷蔵庫に残っている残り物でランチ。


キャンピングカーの中でランチをしていると、
窓の外からバンビがじーっと
こちらを見ていて目が合う。


ほしいのか…


トレイル巡りへ。
絶壁から見下ろす景色にしばし魅了される。




下の子は高所恐怖症なので、
終始こわがってた。


その後しばらく岩山でリスたちと共に、
かくれんぼをして遊び、
キャンプサイトへ戻る。


Van barnによって、
なかなか外で火を起こせなかったけど、
今日はFire pit内ならOKということで、
焼肉とやきそば、野菜のホイル焼き。


ご飯を食べた後に散歩をしていると、
バンビの親子も夕飯中。


子どもはまだおっぱいを飲んでいた。


たくさんの命が暮らす山、
お邪魔させてくれてありがとう。


<6日目>

朝ご飯を食べて別のトレイルへ。
自由に散策できるトレイルなので、
子ども達も楽しく自由に散策。




と思っていたのもつかの間、
石につまずいて転んだやきそばちゃんが、
聞いたことも無いような悲鳴をあげる。


見ると両膝にサボテンが刺さって、
信じられないほどの痛がりよう。


すぐさまかけよって取ろうとするも、
ちょっとでも触れると激痛という強烈な針。


頭がパニックになる中、
かわいそうだけど抜くしかない。



夫と協力しながら、
ズボンごとサボテンを引っ張って
大きな針を一気に引き抜き、
片方ずつズボンを脱がせる。


絶叫(親も心の中で絶叫…)。


ズボンは脱がせて、
太い針は抜けたモノの、
まだ細かな鍼が100本近く刺さっている。


急いで抱えてキャンピングカーまで戻り、
机を救急ベットにして、

幹部近くを氷で冷やしたり、
ipadを見せて飴を食べさせて痛みを緩和しつつ、
ピンセットで1つずつ抜いていく。


もちろんこれもめちゃくちゃ痛いので、
手を握ってハグをしてなだめながら。


どのくらいかかったか覚えてないほどだけど、
悪戦苦闘の末にほとんどの針を除去。


そこから急いでレンジャーのいるオフィスへ。
怪我の状況と毒性を確認。
消毒をすればOKとのことで、
ひと先ず一安心。


サボテンの針には
様々な種類があるようだけど、
今回刺さったものは特に太くて、
更には一度刺さった針は
抜けにくいというのが特徴。


なので、
引っ張った時に肉がひっかかって、
なかなか抜けなくてエグかった…
深く刺さった部分は内出血に、
細かいのが刺さった部分は赤くぷつぷつに。


こちらが刺さったサボテン。



自然との触れ合いは、
危険との触れ合いということを
改めて感じた出来事。



ランチは途中寄ったスーパーの駐車場で、
焼きそばを温めて食べる。


夕方、Chalk Creek RV parkに到着。
川沿いのベストポジション。


事件もあって、
ぐっすりお昼寝をしたやきそばちゃん。


裏の川に遊びに行くと、
やっぱり水がめちゃくちゃ冷たい。


自転車でキャンプサイト内を周遊。
膝の痛みは問題なさそう、良かった。
親の方が精神的にぐったりだわ。


夕飯は、
イカとじゃがいものガリバ炒めと、
BBQのお肉の残りでチャーハン。


夕方から雨が降り出して、
雨と川の音を聞きながら眠りにつく。


とはいて私は目をつぶると、
サボテン事件がフラッシュバックして、
しばらく寝れなかったけど…


<7日目>

今日は午前中少し川遊びをして、
ラフティングへ。


ラフティング乗り場までは、
会社のバスで移動(マスク着用で)。


船には2家族で乗ることに。
川の流れはかなり早いという話だったけど、
乗ってみると怖すぎず、
心地よい揺れとスピード感。


ベテラン船長が運転してくれるので、
安心して川下りを楽しめた。




子ども達は泳ぎたーいと
ずっと船から落ちそうな勢いで
身を乗り出していたけど…笑


途中の浅瀬で、
少し泳がせてもらって、
川泳ぎを少しだけ楽しんだ。


水はめっちゃ冷たかったけど、
山々を見渡しながら、
青空を仰ぎながら、
川の音を聞いて川の流れを楽しむ。


心地よい川ライド、
とても贅沢な時間だった。


戻ってきて、
ビアガーデンで一杯。


モスコミュールが効いて、
私は昼寝、爆睡。


子ども達もひと眠りした後、
ちょっと遅めのランチにピザを食べる。


その後、
RVサイトに戻ってきて散歩、
裏の岩山登を楽しむ。




戻ってきて夕ご飯は、
ネギ塩レモンチキンと照り焼きチキン。


夜はかなり寒くなる。


<8日目>

朝ごはんはベリーとヨーグルトに、
しらす丼。


少し散歩した後、
コロラドスプリングへ。


キャンプサイトで焼うどんを食べ、
自転車で少し散歩をして、
Red rock canyonへ。




トレイルウォークを楽しむ。
赤土のセドナの様な岩山が特徴。


岩登りを楽しみつつ、
絶景を見渡しながら、
ぐるっと1周回って歩く。


もちろんサボテンにはめちゃ気を付けつつ。


夕飯は、
ブロッコリーエビ、スクワッシュ、豚のしょうが焼き。


夜風にふかれながら、
キャンプサイト内をみんなで自転車散歩。


その後寝る直前まで、
夜空の下で遊び続けた。


<9日目>

今日は朝から自転車で、
コロラドスプリングのカフェまで、
ブランチを食べに行く。




車も通る道で横断歩道も渡ったりと、
色々難関はあったけど、
なんとか2人とも上手に切り抜けて到着。


久しぶりにカフェのテラス席で、
ホットケーキにハンバーガーにエッグベネディクトに、
美味しいブランチを食べる。


まだ大冒険で自転車でキャンプサイトまで戻り、
garden of godsをドライブ。


歩きやすいトレイルがあって、
気持ちよさそうだったものの、
人が多すぎたのでドライブにとどめることに。


seven fallsにも立ち寄ってみたけど、
バス乗り場で行列ができていたことと、
雨が降り始めたので断念。


そこからテキサスに向けて出発!
6時間の運転で無事
Palo duro canyonに到着。



夜は満天の星空を拝むことができた。


<10日目>

とても心地よい朝。


朝ごはんは外で洋食ごはん。
それから自転車で散策に出かける。




アップダウンが激しい車道なので、
子ども2人とだとドキドキ集中力が必要だったけど、
絶景を拝むことができた。


下り坂が心地よすぎ。




トレイルを歩いたり、
岩山を登ったりしてひと遊びして、
ランチにソーメンを食べて出発。


最後の5時間半のドライブ、
家の近くのキャンプサイトまで戻ってくる。


すこしだけ湖で水遊び!





<11日目>

家の前にキャンピングカーをつけ、
荷物を全て降ろして、11:00に返却。


荷下ろしは荷詰めより楽々♫




そんなこんなで
無事に家に戻ってきました〜

今回もハプニングあり、
癒しも気づきもあり、
盛りだくさんの旅になりました。


コロラドに行く際には、
スポットや宿泊施設など
参考になればうれしいです。



それでは最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました