常識人に育てるより大切なコト

-子育て・人間関係

こんにちは、
”なんとなく不安定な”さやかです。



なんとなく…
モヤモヤっとしたり、
心に違和感があったり。


これは、
自分の軸が自分の中心になくて、
何か外に置いてしまっているから

です。


自分の軸を外においてしまうと、
ブレるから不安な気持ちが出てくる。


つまり、
どこか外に軸がいってますよ~
外のものに依存してますよ~
ってお知らせ。


何だろうか…
すぐに思い当たらないけど、
意識化しておくことで
必ず気づきにつながる。


意識するってとっても大事です。



さて、
昨日エゴに支配を手放す
ということについて書きました。


そこから、
エゴに支配されている人が多い世界で、
この子たちに何を身に着けていてほしいか、
そんなことを考えました。


今回は、
そんなことを綴ってみたいと思います。


子育て方針

エゴと魂の存在の分離を感じる中で、
この世の中の人間関係は、
基本エゴ同士の付き合い、
であるということが分かります。


となると、
エゴに支配されている人が
多いこの世界で、

エゴに支配されていることすら
気づかない人が多いこの世界で、

心地よく生きていくために、
エゴの世界のルール=常識
を学ぶことは大切だと思います。


例えば、
時間を守るとか、
約束を守るとか、
ウソをつかないとか、
お行儀よくご飯を食べるとか…


もう少し抽象度を上げて言うと、
常識のある人である、
識別のある人である、
とかでしょうか。


そういうことを、
ちゃんと伝えて、
導いてあげることは、
とても大切だと思います。


ただ、それが全て、
それがこそが真実となってしまうと、
生き辛さが生まれる。



私が学びを深める中で、
どんな能力を子ども達に伝えたいか、
と考えた時に、

直感力
・モノゴトの本質を捉える力


大きくこの2つが挙がりました。


それぞれの言葉の意味

幸せな人生の状態とは、

日々、気づきを得ながら、
自分自身のバランスを整え、
エネルギーの高い状態で
自分の心地よいの流れで生きること、


だと私は思っています。


そのために必要なのが、
直感力と本質を捉える力。


私の考える、
これらの言葉の意味について
紐解いてみます。



まず直感力


まず、
自分が何をどう感じているのか。


何にワクワクし、
何に良い感覚を抱いて、
何にモヤモヤし、
何に嫌な感覚を抱くのか。


これがうやむやになって、
直感が鈍った状態だと、
自分が進む方向がよく分からなくなり、
自分の軸すらも感じ取れなくなり

人生に迷ってしまう



身体でも心でも
自分が何を感じているのか、
その力を養うこと…


というか、
もともと子どもは直感力が鋭い状態なので、
見失わないようにさせること。


それが、
人生の流れに乗るためにも、
とても大切な力だと感じています。



そして、
直感力を鈍らせないためにも、
人生の常識の波や他人軸に、
飲み込まれないためにも、

モノゴトの本質を捉える力
が必要です。


モノゴトの本質を捉える力とは、
=抽象度を上げられる力
=視座を上げられる力
=多面的にモノゴトを見る力
=陰陽を統合できる力。


それができることで、
毎日が気づきとなり、
毎日の純度が上がり、
生きていくことができる。


目の前のできごとや常識に
縛られ、溺れてしまうのではなく、
常に本質を見ていくことが大切
です。


今目の前に起きている事象は、
何を学ぶべくして起きているのか、
メタファ解読ですね。



子育てで大切にしたい、
直感力と本質を捉える力。


それをどんな風にして
伝えていったらいいかな~、
試行錯誤してみようと思います。


今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

心穏やかに過ごし、
心豊かな日々に囲まれますように。


タイトルとURLをコピーしました