私はどうせ否定される、と思っている人へ

-感情を整える

こんにちは、さやかです。


昨日の日曜日は、
夕方からスーパーボウル!


久々にフットボールの試合を観戦して、
現役時代のワクワクが蘇ってきて、
とっても楽しい時間でした。


やっぱり、
自分の思い通りに走れるって、
幸せですよね~


身体を作り直したくなりました♪


さて、今回は、
セルフイメージとの向き合い方について、
お届けしたいと思います。



価値観フィルター

どんなモノの考え方
・捉え方をしているのか、

それを
価値観フィルター
と私は呼んでいます。


価値観フィルターは、
色々と言い換えられますが、

どんなべき・ねばを持っているか、
どんな信念を持っているのか、
どんなメガネで世界を見ているのか、
マイルールやセルフイメージ、

といったもののこと。



この価値観フィルターは、
過去の経験の中で確立されますが、
価値観フィルターは大きく、
2種類に分けられると考えています。


1つは、
気づいたらすぐに手放せるもの。


2つ目は、
過去のトラウマと紐ついていて、
気づくだけでは手放せないモノ。


2つ目はしっかりと紐解いて、
感情を感じ切っていく必要があります。


そして、
その過去と紐ついた、
根強い価値観フィルターの中でも、
最も根深いのがセルフイメージです。


私は〇〇な人。


これが一番、
やっかいだなぁと感じています。


まずは、
”べきねば”や〇〇してはいけない、
といったマイルールから、
精査して過去の紐解きを
していくといいと思います。


そして、
だんだんとそこが緩んでくると、
私は〇〇な人というセルフイメージが、
ラスボスとして現れてきます。


最終的には、
そこがひっくり返ると、
現実も大きく変わってくる、
そんな風に感じています。

私のセルフイメージ

私のやっかいなセルフイメージは、
 私は否定される人
 私は応援されない人



これがずっと引っかかっているから、
周りに良好な人間関係しかないのに、

なかなか人づきあいの
苦手意識が消えないのだろうな、
と思っています。


例えば、
”常識”で話をされる時、
一方的に意見を押しつけられる時、
意見を否定される時、
かなり心がザワザワします。


ものすごく嫌な気分になるし、
ものすごく反発したくなる。


今はコロナで自粛期間なので、
そんな機会もあまりないのですが、
そうされるかもしれないといった、
人との関わりへの恐さを握りしめています。


現実に、
良好な人間関係が築けていても、
特に遠い存在との関り合いへの恐れが
なかなか手放せない。


過去を紐解くべく、
感情を吐き出してみました。


 正論で意見おしつけてくるの?
 言われた方の気持ちはどうなるの?

 常識はそうとか言われても納得できないよね
 無理にいいなりにさせようとしないでよー

 自分のタイミングでやらせてよー
 自分のやりたいようにやらせてー

 お願いだからコントロールしてこないで
 私の気持ち否定されて悲しかったよー

 私のこと認めてもらえなくて悲しかったよー
 そのまんまを受け入れてほしかったよ

 私を応援してほしかったよー
 私の意思を聞いてほしかったよー

 私の意見聞いてもらえなくて悲しかった
 意見を聞いてちゃんと話し合ってほしかった
 子ども扱いしないでほしかった

 ケンカじゃなくて
 お互いを尊重した上で話し合いたかった

 私の意見を大事にしてもらえなくて悲しかった
 私の味方は私しかいなくてこわかった

 1人で立ち向かうのこわかったよー
 やりたいようにやらせてよー


こんな感じで出てくる、出てくる。



出てきた気持ちに対して、

 そのままの私を
 受け入れてほしかったね。

 大事な想いを
 否定しないでほしかったね。

 本当はゆっくり話し合いたかったね。

 親だからって一方的に
 意見をおしつけて言うことを
 聞かせようとするなんて嫌だったね…

 いいんだよ、
 自分の想いを大切にしていいんだよ。

 我慢しないで、
 そのまま思ったままを表現していいんだよ。


 そんな風に
 自分の気持ちに寄り添ってあげてから、
 色々と分析してみました。

捉え方の変換

あるモノに目を向けるのが大事
といつも書いていますが、
今回も目を向けてみると
たくさんの”ある”が見つかりました。


最初反対していた人たちも、
最終的には
みんな応援してくれたこと。


反対されることもあったけど、
意志か強かったからこそ
積めた成功体験や
褒められた経験もたくさんあること。


母も最終的には、
私の一番の味方だったこと。


心から応援してくれていたからこそ、
心配してくれたし、
道しるべを立てようとしてくれたこと。


そして納得のいくまで、
話を聞いてくれたこともあったなぁとか。


私の意思を尊重して、
やらせてくれたことや、
辞めさせてくれたこと、
応援して協力してくれたことも
思い出していくとたくさんありました。



また、
母や周りとぶつかって、
否定されると感じることが多かったのは、
私の怒りの感情が強過ぎて、
感情的な会話しかできなかったことが
要因としては大きいな、と。


これは、
今の私ならもう大丈夫と思えました。


もう、
感情を受け入れた上で、
自分の意見を言える自分もいる。


人の意見を尊重できる自分もいる。


意見が違うことは、
否定することではないことも分かっている。


だから、
もう自分の想いが
相手を傷つけることを恐れなくて
大丈夫なんだな。


自分の意見が相手のと違ったとしても、
否定されることを恐れなくて大丈夫。


納得するまで意見を交換し合えば、
必ず分かり合える。


分かり合えるというのは、
同じ意見になるということではなくて、
相手の見えている視野と
自分の見えている視野との差異をクリアにして、
その差異をそのまま受け入れることだよね。


そんな風に考えを整理していくと、

 私は否定される人
 私は応援されない人

というセルフイメージが少し緩みました。

おわりに

”少し緩んだ”、
と書きましたが、
これだけ共感して思考を変えても、
ラスボスはとっても手ごわい。


何かの拍子にまた同じクセとして
現れてきます。


でもそうしたら、
そんな自分にまた寄り添って、
また感情を感じて、
大丈夫と言ってあげることが大切、
そんな風に思います。


そうしていくうちに、
クセ自体を手放せることができるから。


また、
まだやっていなければ、
セルフイメージをひっくり返す様な
行動をしてみる、
ことも大事だと思います。



自分を縛り付ける価値観フィルター、
その中でも手ごわいセルフイメージ。


セルフイメージ
=ラスボスと書きましたが、

戦うのではなく、
本来の姿=愛に戻してあげて、
受け入れてあげるようなイメージ
です。


まさにモアナの世界ですね。


自分の中の愛に気づき、
そのままの自分を
抱きしめてあげましょう!

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

心穏やかに過ごし、
心豊かな日々に囲まれますように。

タイトルとURLをコピーしました