家事や料理からストレスが消えた方法

夫婦・家事・お金

青山さやかです。



今週はサンクスギビングウィークで、
学校は1週間お休み。



初日は、
旦那に子どもたちを連れ出してもらい、
夕方からキャンプサイトで合流する、
という計画になりました。



家族全員での時間はもちろん大事だけど、
自己犠牲するのもまた違う。



やりたいことの中でバランスを探り、
流れを読んで最善を見つけていくこと、
これがとても大切なマインドだと感じています。



さて今回は、
料理や家事からストレスが消えた方法、
についてお届けしたいと思います。



家事との関わり

これまでの私は、

家事の人生における優先順位は低く、
その中でも料理は大の苦手(むしろ嫌い)!

という感じでした。



家事や料理は毎日のことなので、
目を背けるわけにもいかず、

できる限りストレスにならないよう、
スムーズにいくようにと、

あり方もやり方も様々に、
工夫に工夫を重ねてきました。


献立1ヶ月生活、再開しました
家事にも立派な価値がある
得意な人の世界観をのぞこう
病は気から



工夫することでもちろん、
以前よりは少しずつでも、
ストレスは減っていきました。



でも、
心の奥底=本当の意味では、
大きくは変わっていなかった。



心から、
家事をやろうと思うことも、
マインドフルに取り組むことも、
なかなかできませんでした。



どうしたらいいんだろう、
どうしたらこの日々の「作業」を
もっと真剣に味わうことができるんだろう、
と。



探求と模索を重ねる日々が、
続いていました。



生き急ぐ意識が今を生きれない要因

そしてここ最近、
自己本質に気づき始め
愛溢れる世界に触れて
日々自分の意識の変化を感じる中で、
日常で大きな変化を経験しました。



それは、
料理や家事が全く苦にならなくなったこと



ある日気づくと、
料理も家事が苦痛じゃなくなっている!!
というか気づいたら完了している!

え!!信じられない!!



どうした私!?と、
自分でも変化に驚くほどでした。



その感覚はとても不思議な感覚で、
好きとも嫌いとも感じる隙がなく、
それこそ「たんたんと」取り組んで、
気づいたら全てが完了している




たんたんとしようとしているわけでもなく、
何も感じない様に蓋をしているわけでもなく、
気づいたら取り組んでいて完了している、
という状態です。



今までは、
「面倒だな」とか、
「今は違うことがあるから後にしよう」とか、

「やりたくないけどやらなくちゃだから、
気分を上げる何かをしながらやろう」
と言った気持ちが必ずありました。



でも、
それを一切感じる余地がなくなって、
そう考える間もなく、
先に手が勝手に動いている様な感じ。



今目の前にすべきこととして現れたら、
「私が今なすべきことはこれなのね」
とこの瞬間を味わおうとも思わないけれど、
自然と味わっている感覚です。




これは、
自己本質に気づき始めたことで、
この世界の完全性の理解が進み、

今目の前は完璧な状態だと腹落ちしたことで、
何かになろうと生き急ぐことがなった
から。



生き急がなくなったことで、
目の前のことをそのままに、
受け入れられるようになったからこそ、
だと感じています。



生き急いでいたから、
意識が外に向いて常に何かになろうとして、
目の前の今に集中できずに、
今なすべきことから逃げてきたんだな、と。




では、
なぜ生き急いでいたのか?というと、
この世界の完全性を理解できずにいたから

に戻りますね。



今この瞬間が不完全だと思うから、
”もっと価値のある何か”を
外や未来に探しに行かずにはいられない。



地に足つけて生きるとは、
こんなにも安心できる生き方なんだと、
実感しています。



自己本質とつながる道のり

そもそも、
自己本質につながるには、
どうしたらいいのでしょうか?



それは、
自分の真ん中を探求していくことです。



自己本質とそれ以外を見極めながら、
陰陽どちらにも偏らない、
中心で在るバランス感性を磨いていく




これが、
自己本質への気づきのステップです。



私自身は、
感情や思考のバランスの模索から
スタートしましたが、

ここ最近家の中のコーディネートを
集中的に整えていく中で、

どんな雰囲気のどんなものが、
本当の自分の中心にヒットするのか?


と問い続ける中で、
バランス感性が磨かれた感覚があります。



ビビッと感じる感性が磨かれた。



何を通して中心に在る練習を重ねるか、
はそれぞれでOKです。



心でも身体でも、人間関係でも空間でも、
それを通して、自分と向き合い、
中心=本質を探求していくこと。



それが、
人生を生き急がないずに、
今ここを生きるために、
とても大切な要素になります。



おわりに

今ここの完全性の理解が進んだことで、
料理や家事の捉え方は、
具体的にどう変わったのか。



それは、
すべての瞬間が道になったこと、
だと思います。



例えば料理。



今までは、

「1時間かけて作ったのに、
15分で食べ終わっちゃうなんて、
なんて作る時間は無駄なんだ!

できるだけ早く料理を終わらせて、
もっと価値のある違うことに時間を使おう」

と思っていました。



でもすべての瞬間が道となり、
価値がある/ないことの見境がなくなると、
料理をする時間自体が道になる。



家族が食べる食事を作るために、
料理をするのではなく、
料理のために料理をするということです。



そうすると、
全ての時間が自己理解、
学びにつながる時間となり、
今ここがとても豊かになります。


この状態が、
本気で生きている状態であり、
無我夢中にある状態。



まだ夢中になれない時間もありますが、
一つずつ囚われを外しながら、
日常をより豊かに感じていきたいなと思います。



今日も最後までおつきあいいただき、
ありがとうございました。

愛あふれる今ここを、
最大限に味わって生きれますように。

タイトルとURLをコピーしました