一時帰国中に日本の小学校へ入学体験!

海外生活・キャンプ

青山さやかです。



今週からいよいよ、
子ども達の小学校&幼稚園の
体験入学がスタートしました。



日本の公立の小学校では、
海外在住の子ども向けに体験入学を
無料で提供してくれています




申し込み方法は、
滞在先の学区の小学校に連絡し、
体験開始日前に直接学校へ行って
手続きをするだけ。



我が家は今回の一時帰国中、
1ヶ月ほどマンスリーマンションを借りて
湘南ライフを送っているので、
そのエリアでの体験となります。



ダラスから電話にて連絡し、
学区先の小学校にも快く受け入れていただき、
幼稚園も受け入れ先が見つかり、
マンスリーに移動してから手続きへ。



3週間という短い期間にも関わらず、
小学校も幼稚園もとても
丁寧にフレキシブルに対応いただき、
ありがたい限りでした。



それでも小学校は
何かと準備するものが必要で、
近くのイオンスタイルへ行ってお買い物。



上履き
体育館履き
体育館履き入れ
防災頭巾(と袋)
体育着(白Tと黒パン)

体育着入れ
お道具箱中身
(ハサミ、ノリ、セロテープ、色鉛筆)
水筒
雨具



アメリカから
持参したものもあるので、
黒字のものを購入しました。



教科書は、
ダラスの補習校で使っているものと
同じだったのでそれを使用し、
持っていない教科は先生から貸し出し、
ドリルは補習校のもので
対応していただけることになりました。




体験スタート当日、
2人ともドッキドキに緊張して
教室へ入っていきましたが、

楽しかったーーー!!!
と笑顔で帰って来ました。



どんな風に受け入れてもらえるか
未知だったのでひと安心。



小学校では先生が事前に、
娘のことを話してくれていたようで、
楽しみに待っていてくれる子がいたり、
お手紙を用意してくれている子がいたり。



安心できる環境を整えてくれていて、
感謝しかありません。



息子の幼稚園でも、
自己紹介をさせてくれたようで、
ポケモンの話で盛り上がっていたと
連絡帳に記載していただきました。



どちらにとっても貴重な体験。



下の息子は初めてのバス通園、
上の娘は、
お見送りとお迎えの距離を
少しずつ家寄りにして練習し、
今朝は家から1人で歩いていきました。



そうした自立心や、
自分でできるという自信を育むことも、
とても大切だと感じています。



また一つ私の手から離れて、
自分の世界を育んでいくことが
とてもうれしい。



ついジャッジしたり、
自分の価値観で対話しがちですが、
もっとフラットな目線で
信じる心で接していけるように

日々関わっていきたいと思います。



今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

今日も心穏やかに過ごせますように。

タイトルとURLをコピーしました