見返りを求めずに行動できますか?

中心軸を探している人へ

こんにちは、さやかです。



自分の日々の行動を観察してみて、
気づけば見返りを求めているなぁ、
と思うことはありませんか?



これだけしてあげたんだから、
言うこと聞いてよね、とか。



これだけ共感してあげたんだから、
今日はいい子にしていてよね。



これだけ愛を注いであげたのに、
どうしてワガママいうの?



こんなにやってるんだから、
私のこと分かってよね。



とかとか。



見返りを求めまくっている、
自分の中のクレクレ星人の存在。



もっと言えば人生でも、

これだけやったんだから、
これだけ勉強したんだから、
これだけ自分にストイックになったんだから、
それ相応の現実になってよね

みたいな心。



あなたにも、
そんな心はないでしょうか?


見返りを求めて行動する心

相手に見返りを求めたり、
宇宙に見返りを求めたり、
本当は一体誰に認めて欲しいのか?



一番は、自分自身なのだと思います。



自分が一番自分のことを
認められないから、
誰かにどうにか認めてもらおうとする。



そのままの自分では不十分だと、
人生に不足感を感じるからこそ、
何かで満たしてもらおうと見返りを求める。



でもその見返りを求める心や、
自分の行動に価値を見出そうとする心は
苦しみにしかなりません。



自分のやっていることに
価値を見出そうとしている時点で、
人生の本質を見失ってしまう
から。



今経験していることや
自分の行動はどんなことでも、
「させてもらっていること」です。



それが、
あなたにとっての自己理解
&自己解放に欠かせないから、
その経験をさせてもらっている。



そこに、
良いか悪いか得か損かといった
二元的価値観を持ち込むと、
経験から受け取るべき気づきを
受け取れなくなってしまう
のです。



ではそもそもなぜ、
自分の行動に価値を見出したい
と思うのでしょうか?



それは、
「自分は不十分です」
と思っているから。



自分がここにいていいのか不安で、
自分がここにいるだけの価値がある
と思いたいのに思えないから。



それはどうしてか?



自分の存在価値や意義を、
自分の中心以外の要素=
外の要素に求めようとしているからです。



自分の存在が外の要素で
成り立つモノではないと気づき、
何も持たない時にこそ
完全な存在である。



ここの理解が進むと、
自分の存在を不足に感じたり、
自分の価値を感じようと行動したり
することがなくなってきます。



そのためにも、
自分自身と向き合って内観し、
自分の囚われを手放していくこと。



手放していく方が安心なんだと、
本質に向かうことができるんだと
実感していくことです。



そうして、
握りしめていた
荷物が減っていくと、

自分の存在価値を
感じる必要性すらなくなり、
安心して今ここを
行動できるようになります。



おわりに

子育てって、
見返りを求めずに奉仕する心、
究極の謙虚さを学ぶ場のように感じます。



でもそれは、
自分で自分の存在を心から
認めてあげられるようになること、
でもある。



子育てに限らず、
人間関係において謙虚にあるには、
自分とは何か?と向き合って、
自分自身を信じられるようになること
これがとても大事なのだと感じます。



今日も最後まで読んでいただいて、
ありがとうございました。

心地よい人間関係を育めますように。

タイトルとURLをコピーしました