意識を向け続ければ必ず変化は起こる

自由自在に未来をクリエイト

こんにちは、青山さやかです。



昨日は週末に買ってきた、
野菜たちを植えました。


スイカとレモンは地植え、
きゅうりとミニトマト、
ズッキーニにピーマンはプランター。






去年は実はなったものの、
皮が固かったり小さすぎたり、
あまりうまくいかなかったので…


今年はどうだろうか、ドキドキ。


でも、
ちょうど植えた直後に、
天気予報になかったにわか雨!


恵みの雨で、
空も応援してくれている!?
と期待が膨らんでいます。



さて、このところ、
世界を感じる感度の変化を
感じています。


今回は、
意識を向け続ければ必ず変化は起こる、
についてお届けしたいと思います。



ブレない軸

粗い波動への違和感
にも書きましたが、

それとはまた別のところで、
感度の変化を感じています。


自分のブレない軸があって、
周りが動いている様な感覚。


自分が歩いたりして、
移動しているんだけれども、
自分の軸は全くブレずに、

周りが流れて行っているような、
なんとも不思議な感覚です。


今までは、
出来事にしても雰囲気にしても、
何かとそこに飲み込まれていた。


頭では同一化していないつもりでも、
感覚的に同一化していたんだ、
ということが分かってきます。


でも、今は、
「完全に分離された自分」
を感じます。


例えば、
子供たちが散らかした部屋を見た時。


以前は、

「ちゃんと片づけた空間の方が心地いいのに、
どうしてぐちゃぐちゃにするんだろう?

子供たちなりの目線があるからだよね、
こうして基地みたいにして楽しんでるんだよね。

でも私は見ていて心地悪いから、
一言言って片づけるという選択をしよう」

と色々頭で捉え直したり、

多面的&客観的に見たりして、
心地よい選択をしてきたのですが。



最近は、
「あ、ものがあちこちにあるな」
以上。


事実を事実として受け止めた上で、
自分がどうしたいか一点でただ行動する、

そんなシンプルさに変わってきています。


意識の上げ下げのトレーニング

何でしょうか、
このとても伝えにくい感覚。


何ごとにも巻き込まれないので、
エネルギーも効率的に使えるし、
生きづらさがありません。


でもかといって、
何か投げやりになっている訳でもなく、
純粋で澄んでいて鋭い穏やかさで、
深く高く自在に人生を探求している感覚



自分の中心に軸を持つ、
ということはこういうことなのか、と。


ブレない、
巻き込まれない、
一緒に振り回されない感覚です。


これは、
瞑想・マインドフルネスな状態が、
日常に染み込んできた証拠

なのだと思います。


「瞑想するように生きる」、
ことを日々意識はしていましたが、
今までは思考でそうしている、
という感じでした。


それがきっと、
感覚的に反映されるようになってきた。


それもこれも、
全ては積み重ねだなぁと思います。


私自身、
継続力はあるけれども、
”毎日同じだけ”は
なかなかできないタイプ。


だから、
できる時にできるだけ、
でも意識は向け続ける、
というスタンスでやっています。


でも、
確実に変わってきている。


自分と対話する意識、
自分の声を聴く意識、

学んだことを理解しようとする意識、
学んだことを思考し続ける意識、

そして気づいた時に行動する、
行動を変える意識。



毎日必ず1時間じゃなくても、

継続して意識を向け続けることで、
必ず変化は起こる


そんな確信が持ててきています。


おわりに

まだ、全ての時間で、
感度高くいられるわけではなく、
低い意識と行ったり来たりはしています。


特に誰かと会話する時、
子どもや家族と日々の会話をする時、
飲み込まれる~…


見つめる感覚を深めて、
何時もブレない軸でいられるように、
積み重ねていきたいなと思います。



今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

いつかの変化まで焦らず、
継続を楽しんでいきましょう。


タイトルとURLをコピーしました