身体のやわらかさとイライラ

-セルフケア

こんにちは、さやかです~



骨折から3週間が経ち、
腫れがかなり引いて、
びっこで歩けるようになってきました。


何もしない分には痛みもほぼないので、
骨は順調にくっついてきている感覚です。



ただこの3週間、
骨折で動けない×時差ボケで、
身体ガッチガチ…


そうなると、
呼吸が浅くなってくることもあり、
心の余裕がなくなってくるのを感じます。


ただでさえ時差ボケ中1週間は、
夜中に目が覚める子供たちの相手をしたり、
ご飯を食べる時間も狂うので、
身体に大きな負担がかかるのですが。


更に足が使えないことで、
ヨガもストレッチもうまくできず…


上半身だけのヨガや、
ストレッチボールはやっていましたが、
3週間ぶりにヨガをしたら、
めちゃくちゃ気持ちよかった~


まだ足の親指は踏み込めないので、
膝を使いながらのできる範囲でですが、
全身、特に背中の柔軟性の大切さを
改めて感じています。


生きる上でやっぱり身体が資本


そして、
身体と心は繋がっている


身体がガッチガチだと、
呼吸が浅くなって、
心の余裕もなくなってしまいます。


身体が喜んでいる状態、
身体がゆるんで流れが整っている状態だと、
やっぱり心もゆるむ



イライラ不安な日常にならないためにも、
身体のメンテナンスはとっても大切ですね。




ただ一方で、
この一時帰国で感じるのは、
脳が少し休まっているなぁということ。


いつも一時帰国の時は、
予定詰め詰めでバタバタと過ごすのですが。


2週間の自宅待機もあり、
足のケガもあり、
とにかくゆっくり過ごす一時帰国。


このところ価値観をリリースして、
生きやすくなってきたと感じていたけど、

やっぱりどこか考えすぎで、
交感神経優位になっていたことに、
日常から離れることで気づきます。


交感神経が過度に優位な状態
が続いていたことで、
そのストレスから血流が悪くなって、
冷えや睡眠の質の悪さに繋がっていたのかな…


自律神経や血流の本を読んでも、
なかなか解決策が見えてこなかったのは、
”考えすぎ”が要因だったのかな…


考えることをやめられない程
中毒になっている自分に気づきつつ、

考えすぎ=脳の使い過ぎが、
未病を引き起こしていた
のかなと
考えているところです。



子育てをしながらにして、
やりたいことに集中しつつ、
楽しんでリラックスするバランス。


ここ、
今本気で向き合う時が
来ているのかなと感じました。


時差ボケは大変ですが、
非日常に身を置くことで、
改めて気づくことってたくさんありますね。


今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

心穏やかに過ごし、
心豊かな日々に囲まれますように。

タイトルとURLをコピーしました