知識が知恵になるまでのマインドセット

自由自在に未来をクリエイト

青山さやかです。



欲望について、
このところテーマが続いていますが、

欲望を燃やすってどういうことだろう?
ということについて、
少し掘り下げてみたいと思います。



欲望は燃やすことでしか
解消することができないもの、
前々回の記事で書きました。




燃やす…
それはつまりどういうことでしょうか?



他の言い方で言うと、
出し切るとややり切るとか。




例えば、
人との比較が止まらず、
人に勝ちたいという想い=欲望
が強いとします。



または、
そこから派生して、
承認欲求が強いとします。



その場合、
出し切るとかやり切るというのは、

ひたすらに勝ちたい欲望を出すとか、
承認欲求をゴリゴリに出すとか、
そういうことでしょうか?



それとはちょっと違います。



ここ、
ちょっとわかりにくいので、
注意が必要だと思うのですが、

欲望に蓋をしない
という意識がまず大切です。



欲望を見ないフリをしたり、
欲望をなかったことにして、
蓋をして押さえ込んでしまっても、

そこに欲望は残ったまま、
しまったままの状態になってしまいます。



そうすると、その欲望は、
いつか押さえきれなくなって爆発するか、
心のわだかまりとして、
あなたを縛りつけ続けます。



なので、
まずは蓋をしないこと。




その上で、
そういう自分がいるんだ、
という事実を客観的に見つめ続ける

を意識していきます。



勝ち負けに意味はないとか、
結果はコントロールできないとか、
承認欲求で接してもうまくいかないと、

知識として学んで頭では理解したとしても、
それが本当に腹落ちして知恵になるまでには、
時間が必要です。



なので、
比較することを手放したいとか、
勝ちたい自分を手放したいとか、
承認欲求を手放したいとか、

そう思って、
そんな自分に蓋をしてしまうのは、

手放した”フリ”にしかなりません。



そうではなくて、
欲望に蓋をすることはせず、
でも欲望に飲まれない状態を保つ




これが秘訣です。



欲望に飲まれない状態を保つとは、

分かっていても、
勝ちにこだわったり、
比較を手放せなかったり、
承認欲求が出てきたり、

そんな自分に「気づく」ということ。



気づくことができないと、
欲望に支配され、欲望は倍増し、
人生が崩壊していきます。



分かっていても出てきてしまう欲望を、
抑え込もうとせずに、
ただ気づいて見つめる意識を保ちながら、
欲望を出し続けさせてあげる




そうしていくことで、
その欲望をいい形で出し切り、
燃やしていくことができます。



そしてある日、
気づけば欲望が燃えきって、
手放したかったものを、
自然と手放せている自分に気づける。



これが欲望の解消法であり、
欲望を燃やすということです。



欲望を燃やすとは、

知識を取り入れることで客観的視点を学び、
知識を解消していく過程で欲望が燃やされ、
欲望が燃え切った先に知識が知恵になる、

とも書き換えられますね。




ちなみに、
欲望を燃やし切った先に何があるのか。



自由自在な世界です。



出し切った先、やり切った先にしか、
モノゴトの本質の真の理解はありません。



本質が見えた時、
全ての知識は知恵となり、
私たちは自由になります。



日々、
目の前に起きる出来事と向き合い、
視点や思考を磨きながら、
自由自在な世界に向かっていきたいですね!





今日も最後までおつきあいいただき、
ありがとうございました。

あなたにとって自由とは何ですか?


タイトルとURLをコピーしました