アラスカ5泊6日オーロラ子連れ旅

旅ログと海外駐在ライフ

こんにちは、さやかです。



サンクスギビングの旅後半、
アラスカでオーロラの旅について
お届けしたいと思います。



1日目 極寒の地へ

夜21:00の便でシアトルを出て、
約3-4時間のフライトで
アラスカのフェアバンクスへ。



デルタ航空はサービスが細かくて、
とても心地よいフライトでした。



ここも時差が1時間あるので、
テキサスとの時差は3時間、
夜中着の便なので子ども達もクタクタ。



さすがはフェアバンクス、
レンタルしたジープも凍えるほど寒くて、
いよいよ極寒の地に来たことを体感。



まずは空港近くのホテルへ向かいます。


2日目 フェアバンクス街歩き

時差も飛行機の疲れもあって、
生活リズムがかなり崩れながらも、
9:00までの朝食ビュッフェに駆け込み 笑。



宿泊したSpringHill Suietes
キレイなホテルで朝食もおいしくて
快適に過ごせました。



この時期のフェアバンクスは、

9:00am過ぎに日の出で
3:00pm過ぎには日の入り、

と日照時間がかなり短い。



太陽のありがたさを
改めて感じさせられました。



朝食後、
レンタルしたスキーウェアを着込んで、
街散策へ。



さすがの寒さに川も凍っていて、
氷と雪の世界がめちゃくちゃキレイ。





ホテルのすぐ裏がレストラン通りになっていて、
タイ料理レストランでランチ(味はまぁまぁ)。



そこから次の日以降の食材を買いに、
co-opというオーガニック系スーパーへ。



小さなお店でだったけど、
オーガニック商品の品揃えも豊富で、
価格も手頃でいい感じでした。



そこからもう一つ気になった、
Sunshine Health Foods
というスーパーも散策へ。



こちらも、
オーガニック商品が所狭しと並んでいて、
見たことのない商品もありました。



2階ではちょっとした軽食も売っていて、
家族経営な温かい雰囲気のお店。



その後、
Pioneer Parkへ。




冬の間はお店はほとんど閉まっているようで、
人もほとんどいませんでした。



帰りに、
Myrtle Thomas Parkという公園に寄って、
雪に埋もれた遊具で遊んでからホテルへ。





夕方4時にはすっかり暗くなって、
1日が本当にあっという間。



これだけ短いと、
本当に優先してやるべきことが
クリアになる感じもしました。



疲れもあり、天気も悪いので、
持参していたサトウのごはんで
お茶漬けを食べてこの日は早めの就寝。



ちなみに、
フェアバンクスにて参加できる
アクティビティも色々あるのですが、
とにかく全て観光価格で高い、、、



我が家はChena hot springsへ行くので、
街では特にお出かけはしませんでした。


3日目 チェナホットスプリングスへ

ホテルで朝食を食べ、
ホテルの裏にある有名なクレープ屋さんで
ランチをテイクアウトして出発!



途中co-opsafewayに寄って、
色々と食べ物やお酒、お水などを買い込みます。



そこから車で1時間ちょっと、
雪が積もる山道を進んでいった山奥にある、
Chena hot springs Resortに到着。



コテージは広くて快適でした。




チェックインをして一息ついてから、
施設内を散策。



オーロラが見られるのは、
だいたい夜の10:00pm-2:00amとのことで、
ホテル敷地内にオーロラを待つための待機場所が2箇所。





その他には、
自家ハウス栽培している食材を出すレストランや、
スナックやジュース、コーヒーなどが買えるカフェ、
アイスハウス、犬ぞり施設、プールや温泉などなど。



ちなみに温泉は18歳以下は入れないため、
我が家は子どもたちが小さいので断念。
(後から考えたら夫婦で交代で入れば良かった…)



部屋で温めるだけをメインに夕飯を食べて、
山の上でオーロラを待てるAurorium
という山小屋までお散歩。





8:00pm頃、
歩いて登って10分くらい、
星空がめちゃくちゃキレイ!!





少し雲が邪魔をしていたのですが、
うっすらとオーロラも見ることができて、
初めてのオーロラに感動!!!





ちなみにうっすらとした弱めのオーロラは、
写真に撮ると緑になるのですが、
実際には白いモヤのように見えます。



山小屋はさすがに寒くて待機するのは厳しく、
山を降りてきてホテル内の待機場所で待機。



途中子ども達はコテージへ戻り、
私は2:00amまでねばりましたが、
雲が多くてなかなかオーロラは姿を現さず。



この日はうっすらなオーロラを見るに止まりました。


4日目

9:00過ぎの日の出と共に目を覚まし、
朝ごはんを食べて部屋でゆっくり。



旅の疲れがかなり溜まってきて、
大人は身体バキバキなのでセルフケアもしつつ。



ランチを食べてから散歩をしながら、
3:00pmからの
アイスミュージアムツアーに参加しました。



建物全体が氷で作られたアイスハウスの中は、
いくつもの小さな部屋に分かれ、
さまざまな氷の彫刻たちが並んでいて
子ども達も興味津々。



真ん中にバーがあって、
氷のグラスにアップルマティーニを頼めます。





グラスはめちゃくちゃ冷たいけど笑、
アップルマティーニは美味。



氷のグラスはもらえるので、
子ども達は部屋に持って帰って洗って
水を入れて飲んでいました。



1時間ほどのツアー、
予想以上にクオリティが高くて、
親子で楽しめたのでオススメです。



部屋に戻って夕飯を食べた後は、
オーロラ待機タイム。



運良くこの日は9:00pm頃から雲が晴れて、
肉眼でも緑色に見えるほどの
強いオーロラが見れました。







雲が晴れると、空全体、
もうあちらこちらにオーロラが広がっていて、
ホントに幻想的。







2時間ほどでまた雲が出てきてしまい、
その後2:00pmまで待ちましたが
雲が分厚くてなかなか見えず。



これはこれでなんだか幻想的な世界。


5日目

仮眠をしてふと起きた6:00am、
外に出ると満点の星空にオーロラが広がって、
ものすごい景色が広がっていました。



突き刺すような寒さに、
澄んだ星空、空一面に広がる不思議なオーロラ。

宇宙の中にいることを実感し、
自分の小ささや命の儚さを感じます。



また仮眠をして起きると、
しんしんと雪が降り始めていました。



昼ごはんを食べてから山小屋までお散歩、
今日はアラスカに来てから一番寒い!



凍るような寒さに、
1時間ほどでお散歩を切り上げ、
部屋でいったん温まってから犬ぞり施設へ。



近くに行くとワンワンワン!と
犬たちの元気な鳴き声が聞こえます。





雪が降り積もる中、
外の小屋で過ごしているなんて、
信じられない…



とってもフレンドリーなワンちゃん達で、
子ども達もすぐに仲良しになりました。



まだ雪が足りなくて犬ぞりはできず、
スノートラックでの練習での犬ぞり体験。



犬たちは本当に元気に
楽しそうに駆けているのですが、
乗っているこちらは顔を突き刺すような寒さで
着込んで行ったけど凍るかと思いました…



最後に犬たちともう一度遊ばせてもらって、
部屋へ戻って夕飯タイム。



なんだか本当に1日があっという間で、
こうした日照時間の短い極寒の地にいると、

ごはんを作ること食べること
冬の間に食べ物を確保すること
ライフラインを確保すること

などなど、
「暮らす」ということを改めて考えさせられます。



オーロラ旅のラストDAY、
この日は1日雪が降り続いていて雲がぶ厚く、
なかなか厳しい状況ではありましたが、
朝5時まで待機。



でも最後まで、
オーロラは雲の後ろに隠れたままでした。





でも、
朝まで待ってやり切ったし、
見れる見れない以上に受け取ることが
たくさんあったので悔いなし!



6日目 テキサスへ

仮眠を取って11:00amチェックアウト。



そこから1時間、
また雪道をフェアバンクスへ向けて走ります。



途中晴れたり雪が降ったり、
アラスカの天気って変わりやすい。



まずはフェアバンクスのFedExで
レンタルしたスキーウェアを返却し、
近くのchawder Houseでランチ。



ボリューミーですごくおいしいお店、
ここはオススメ!



その後空港へ向かい、
16:00の便でシアトルへ4時間のフライト。



なんだかんだたくさん心揺さぶられたけど、
本当に人生で大切なことを教えてくれた、
そんな旅になりました。


おわりに

ちなみに子ども達ですが、
オーロラにすごく感動したか?
というとそこまででもなく…



ふーん、という感じでした笑



大自然に連れて行っても子どもって
そんなもんだったりしますよね。



長距離の乗り換え飛行機や、
オーロラ以外にすることが少ないこと、
極寒の気温やオーロラを見る時間帯
などを考えると…


わざわざ子連れで行かなくても
いいかなぁ。



オーロラって大人向けの旅だな、
と感じました。



今日も最後まで読んでいただいて、
ありとうございます。

気づきあふれる楽しい旅を!

タイトルとURLをコピーしました